MarkeZine(マーケジン)

記事種別

朝日広告社、「Google データポータル」活用した新ソリューションを発表 データ統合を自動化

2019/01/16 11:45

 朝日広告社は、「Google データポータル」を活用したデータ統合と可視化のための自動収集ソリューションの提供を開始した。

「Google データポータル」活用ソリューションの全体概要

 朝日広告社は、2017年7月にサービスを開始した統合的なデータ活用のための可視化ソリューション「ON AIR Analytics」を通じて、独自の分析視点を蓄積。これによって、企業の新たな課題発見やデータにもとづくマーケティング施策のPDCAサイクルの高速化、ROAS(Return On Advertising Spend:広告費用対効果)改善を支援してきた。

 現在、デジタルマーケティングを実行する企業の多くが「Google Analytics」を導入する一方で、データ領域分析が進められていない企業も多数存在している。同社はこうしたニーズの拡大に対応するため、今回、「Google データポータル」を活用したソリューションの提供を開始した。

 同ソリューションは、企業が持っているデータ(サイトやネット広告など)を統合・一元管理し、自動収集の上で可視化することで、企業内におけるデータの共有化を図りやすくする。

提供されるダッシュボードの画面イメージ
(左)プロモーション計測
(右)サイト内計測

 また、同ソリューションはクラウド管理が可能なため、たとえば国内外に拠点を置く企業でも、統一されたデータ管理を行うことが可能になる。さらに、ルーティーン作業を自動化することで、分析やレポーティング業務の効率化にも期待ができる。

 他にも、複雑化しがちなデジタルデータを可視化することで他部門との連携が容易になり、デジタルマーケティング業務における推進速度の向上が見込める。

【関連記事】
シナリオを軸にブランドコミュニケーションを一貫して支援!朝日広告社が新ユニットを設立
朝日広告社、「Domoサービスコンサルタント認定」を取得し、総合データコンサルサービスを開始
位置情報データ活用でリアルタイムマーケティングを!朝日広告社、流通・小売業向けサービス展開へ
朝日広告社、CMO・部門長向けにクラウド型統合マーケティング管理プラットフォームを発表
朝日広告社、テレビデータと人工知能を活用したキャンペーンマネジメントの実証プロジェクト実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5