SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

モバゲーの大人向けコンテンツ「モバカジノ」は利用年齢制限なし

 ディー・エヌ・エー(DeNA)が運営するケータイ向けのポータルサイト「モバゲータウン」は、4月1日から、新コンテンツ「モバカジノ」を開設。サービス開始当初は「ポーカー」、「ブラックジャック」、「ルーレット」の3種類を提供する。各ゲームは最高4人まで同時に参加でき、他のユーザとチャットなどでコミュニケーションをとりながら、性格が異なる6人の「ディーラー」を相手にカジノゲームを楽しむことができる。

 「モバカジノ」では、モバゲー内で使える仮想通貨「モバゴールド」を専用の「カジノコイン」に変換して(1モバゴールド = 1カジノコイン)ゲーム内で使用することができる。ゲームで使ったカジノコインは、ゲームの勝敗によって増やすことが可能で、増えたカジノコインはモバゴールドに交換することができる。モバゴールドは、ユーザが「アバター(分身)」のためのアイテムを購入したり、「マイルーム」と呼ばれる自分の部屋の家具などを購入する際に使える仮想通貨で、現実の通貨との交換はできない。

 「モバカジノ」は、主に20代・30代の大人が利用することを意識したコンテンツをうたっているものの、利用年齢制限はない。しかし、大人向けを意識して、ゲーム内で「アバター」の表示を行わないほか、実際のカジノを模したデザインを採用している。

【関連リンク】
モバゲーとユニクロがコラボ、「世代クロス型プロモーション」をスタート
モバゲーのパトロールを強化、新潟市にカスタマーサポートセンターを設立し300人体制に
モバゲー包囲網?携帯フィルタリング騒動の裏にあるもうひとつの背景
モバゲーを運営するDeNAの時価総額は1500億円毀損、携帯フィルタリング導入政策の大きすぎる波紋
モバゲー米国進出、DeNAが米国に子会社設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/04/02 11:50 https://markezine.jp/article/detail/3028

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング