SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂DYホールディングスとMESON、ARクラウドを軸とした体験拡張領域で共同研究契約を締結

 博報堂DYホールディングスとMESONは、ARクラウドを軸とした体験拡張時代の行動や体験拡張の基盤となる技術について、共同研究契約を締結した。MESONは、2017年9月に設立された企業で、ARなどの体験拡張技術を用いたサービスを展開している。

 ARクラウドは、現実世界の物体のデータをクラウド上に保存・保持し、共有する技術。これにより、従来は一人に閉じられていたAR体験を、複数人で同時に共有できる。また、同じ位置に存在する仮想オブジェクトを同時に操作できるなど、よりソーシャル性の高いAR体験が可能になるため、仮想空間が新たなコミュニケーションの場に進化すると期待されている。

「078kobe」における体験デモ展示のイメージ
「078kobe」における体験デモ展示のイメージ

 両社は、共同研究の成果発表として、4月27日から29日に神戸市で行われるクロスメディアイベント「078kobe」において、ARクラウド上で複数ユーザーが仮想オブジェクトを用い、都市開発を行う体験デモ展示を実施。同展示では、未来の神戸市を複数人で一緒に作る都市開発のシミュレーションを体験できる。

【関連記事】
博報堂DYHDとEAGLYSが資本業務提携 AI&秘密計算を活用したデータ連携や分析モデルを構築へ
博報堂グループと日本テレビ、MRを活用したテレビCMのプロトタイプコンテンツを共同開発
デジタル広告を集めて特典を獲得!博報堂、ユナイテッドおよび中国企業と共同で新たなプロモサービスを開発
エンタメデータを活用!博報堂DYグループ、ぴあと新マーケティング・ソリューションを開発
博報堂DYグループ、プロジェクトチーム「SP EXPERT’S」を組成 デジタル施策を一気通貫で支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/04/01 18:30 https://markezine.jp/article/detail/30749

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング