MarkeZine(マーケジン)

記事種別

認知~購入、ファン化までをアプリ内で完結!F1・F2層に強い「FiNC」のマーケソリューション

2019/04/18 11:00

 FiNC Technologies(フィンクテクノロジーズ)が提供するヘルスケア/フィットネスアプリ「FiNC」は、美容・健康に関心の強いF1・F2層を中心に、現在500万人以上のユーザーに利用されている。同社は、「FiNC」が持つセグメントが明確なユーザーコミュニティと多数の「ライフログデータ」を強みに、企業のマーケティング課題を解決する様々なソリューションを提供し、成果を上げている。認知獲得~購買、ファン形成までを一気通貫で行えるという「FiNC」のマーケティングソリューションを取材した。

目次

美容・健康に関心の強いF1・F2層を中心に500万DLを達成

 2017年3月にリリースされた「FiNC(フィンク)」は、F1・F2層を中心に支持を集めるヘルスケア/フィットネスアプリで、現地点で既に500万DLを突破している。同アプリは「カラダのすべてを、ひとつのアプリで」というコンセプトを掲げており、体重・睡眠・食事・歩数・生理などの「ライフログデータ」をまとめて管理できる機能のほか、専門家監修の美容・健康について学べるコンテンツが約3万本掲載されている。

 「FiNC」の強みの一つは、独自開発のAIだ。歩数や睡眠は、スマホを持ち歩くと自動で記録され、食事は写真を撮るだけでAIが自動でカロリーを計算する。さらに、記録されたライフログデータを基に、パーソナルAIトレーナーがユーザーに合ったコンテンツをレコメンドする機能も備わっている。

 FiNC Technologiesで広告事業を統括する吉田大介氏は、「FiNC」は美容・健康習慣を実現するための「プラットフォーム」であると話す。

 「歩数計測アプリや睡眠計測アプリなど、あるカテゴリーに特化したアプリはいくつかありますし、様々な計測データを管理できるアプリも存在します。しかし、様々な計測データをまとめて管理できることに加え、美容・健康に関するコンテンツをこれほど多く配信しているアプリは『FiNC』しかありません」(吉田氏)

株式会社FiNC Technologies インタラクティブ・コミュニケーション事業部長 吉田大介氏
株式会社FiNC Technologies インタラクティブ・コミュニケーション事業部長 吉田大介氏

アプリの「ミッション」で商品の継続購入を促す

 「美容・健康に対する意識が高い」「F1・F2層の女性」と明確にセグメントされたユーザーからアクティブに使われている「FiNC」は、企業向けに「プロモーション」「データ分析」「CRM」という3つのソリューションを提供している。取り組み事例として、サントリーが実施した「特茶プログラム」を紹介する。

 「特茶プログラム」とは、「特茶」の認知拡大だけではなく、継続購入を促すことを目的として実施されたプロモーション施策だ。まず、QRコード付きの「特茶」を販売し、そこから「FiNC」アプリをDLすると、同プログラム専用の「ミッション」がユーザーに付与される。

 「ミッション」とは「FiNC」独自の機能で、「1日に5,000歩歩く」などの目標を達成するとポイントやクーポンが付与されるという仕組みだ。貯まったポイントは、「FiNC」アプリ内に設置された「FiNCモール」で使うことができるのだが、ここで「特茶」も購入できるようにした。

 「特茶を購入する方は、そもそも健康に関心がある方なので『FiNC』とも親和性が高い。そのような方たちに健康習慣を身に付けてもらいながら、かつ『特茶』の購買習慣にもつなげていく流れを形成していこうと考えました」(吉田氏)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5