SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アリババの「618商戦」、越境EC部門では花王キュレル、小林製薬、任天堂が売上増加率上位に

 アリババグループはEC事業の淘宝網(Taobao、タオバオ)と天猫(Tmall)で開催した「618商戦(618 Mid-year Shopping Festival)」の結果を明らかにした。今回の「618商戦」では、アリババの小売プラットフォーム上で20万以上のブランドと店舗がキャンペーンに参画し、110以上のブランドが1億元(約15.6億円)の取引高を突破したという。

 越境Eコマース事業の天猫国際(Tmall Global)の売上金額は昨年同期比197%増となり、国地域別の海外ブランド売上ランキングでは、日本が1位となった。

 昨年同時期と比べ、日本ブランドの売上増加率は、花王のキュレルが245%増、小林製薬が192%増、任天堂が182%増だった。中でも、任天堂のゲーム機Nintendo Switch、ドクターシーラボの美容液、資生堂のSK-IIの化粧水、ヤーマンの美顔器などが人気商品だとアリババは明らかにしている。

 また、コスメ・美容の総合サイト@cosmeを運営するアイスタイルグループは、上海で「618商戦」と連動したPOP UP Storeイベントを6月10日から6月18日まで開催した。イベント期間中、多くの消費者が来場し、実際に商品を試した後、気に入った商品をその場でQRコードを読み込み、天猫国際(Tmall Global)」上の「@cosme海外旗艦店」で購入したという。

【関連記事】
資生堂、アリババと戦略業務提携を締結 中国・杭州に「資生堂×アリババ戦略連携オフィス」を新設
アリババ、NBAとのパートナーシップを拡大 試合ハイライトなどを傘下プラットフォーム上で配信へ
フジテレビ、アリババ傘下の動画配信プラットフォーム「YOUKU」と戦略パートナーシップを締結
アリババグループとBMWがIoTで提携 「車の自動販売機」も投入へ
The Trade Desk、バイドゥ、アリババ、テンセントのメディアと連携!中国市場へリーチ可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/06/24 09:10 https://markezine.jp/article/detail/31385

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング