SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

定期誌『MarkeZine』特集

今、広告主に必要な組織【BtoB編】

 BtoB編では10社のBtoB企業にインタビュー。カスタマーサクセスやインサイドセールスなど、BtoC企業と異なる部分も多いBtoB企業の「現在のマーケティング部門の組織体制」と「他部門やパートナーとの関係構築のコツ」についてコメントをいただいた。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

※本記事は、2019年8月25日刊行の定期誌『MarkeZine』44号に掲載したものです。

CMOの全社マーケティング戦略に沿って活動
【NEC】

現在のマーケティング部門の組織体制

 NECでは2018年よりCMO直轄組織としてコーポレートのマーケティング機能を集約し、約300名のスタッフが経営戦略と連動しEND to ENDのマーケティングを実行しています。主な機能としては戦略機能(統合マーケティング戦略、ブランド戦略、マーケットインテリジェンス、アナリストリレーションズ等)、タッチポイント機能(マス広告、デジタルマーケティング、イベントショールーム、インサイドセールス、CS、ユーザー会等)、マーケティングシステム機能(顧客DB、SFA、情報共有基盤等)があり、各事業部門のマーケティングメンバーや営業部門と連携しています。

他部門やパートナーとの関係構築のコツ

 自社内およびグループ会社のマーケティングに携わる社員はマーケティング職として、CMOの全社マーケティング戦略に沿って活動しています。そのため普段から密に連携し、市場へ一貫したメッセージを訴求できるよう意識しています。またパートナーに関しては、自社のマーケティング戦略を共有し想いに共感していただけるパートナーを選定しています。

IMC 本部 本部長代理 東海林 直子氏NEC入社後、通信ネットワーク系の代理店販売業務を担当。その後Eビジネス事業部、現部門の前身となる市場リレーション推進本部を経て現職。オウンドメディア、外部メディア、リアルイベント等の様々なタッチポイントとMA、SFA、インサイドセールスを連動させ、顧客変化に合わせたマーケティング施策の実行を統括する。

IMC 本部 本部長代理 東海林 直子氏
NEC入社後、通信ネットワーク系の代理店販売業務を担当。その後Eビジネス事業部、現部門の前身となる市場リレーション推進本部を経て現職。オウンドメディア、外部メディア、リアルイベント等の様々なタッチポイントとMA、SFA、インサイドセールスを連動させ、顧客変化に合わせたマーケティング施策の実行を統括する。

この記事の続きはMarkeZineプレミアム会員になるとお読みいただけます。
詳細はこちら
プレミアム記事を毎月1冊にまとめてお届けする定期誌『MarkeZine』年間購読サービスもございます。
詳細はこちら

次のページ
営業と併走するデマンドジェネレーションを推進 【NTTコミュニケーションズ】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
定期誌『MarkeZine』特集連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/02/26 17:46 https://markezine.jp/article/detail/31784

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング