SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

今日からはじめるアフィリエイトマーケティング実践講座

第6回 アフィリエイト運用業務って?


前回までは、アフィリエイト導入段階の作業や検討課題について見てきました。ここからは運用開始後に待ち受けている、日々のルーティンワーク、そしてアフィリエイト経由の売り上げを拡大していくために必要な工夫や企画について考えていきたいと思います。

意外と多い運用業務

「事前に思い描いていた以上に、運用開始後に発生した業務の負荷は大きかった…」

困惑顔でそう語るアフィリエイト担当者は少なくありません。特に重たく感じられるのは、ルーティンワークである「提携申請の承認」と「成果確定」の作業。しっかりやろうと思えば毎日1時間ほど、そうでない場合でも週に数時間は作業を行う必要があるでしょう。

そうしたルーティンワークに追われていると、アフィリエイト候補のリクルーティングやインセンティブプランの企画、レポート分析など、アフィリエイトマーケターとしての手腕を発揮できる作業には着手できないまま時間だけが過ぎていく場合も多いのです。

そうならないために、運用業務にはどのようなものがあるのか、また省略できる作業はどこかなどを事前に知っておくことが重要です。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
アフィリエイト運用業務の作業一覧

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
今日からはじめるアフィリエイトマーケティング実践講座連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

和田 亜希子(ワダ アキコ)

1994年早稲田大学政治経済学部卒。住友銀行、ライコスジャパン(検索エンジン)、カレン(メールマーケ支援)を経て2001年独立。アフィリエイトASP「LinkShare」からの受託で、個人アフィリエイト支援業務やアフィリエイトコンテストの開催に携わり、またECサイトのアフィリエイト導入やアフィリエイト・リレーションシップ・マネジメント(ARM)にも従事している。1999年に立ち上げた日本で最初のアフィリエイト専門情報サイ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2006/11/06 14:06 https://markezine.jp/article/detail/319

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング