MarkeZine(マーケジン)

記事種別

進化する楽天市場のUI/UXの背景にあるデータ活用と組織づくり【MarkeZine Dayニュース】

2019/09/04 10:40

 マーケティングの最新トレンドや事例を紹介する「MarkeZine Day 2019 Autumn」が9月12日(木)・13日(金)にホテル椿山荘東京で開催される。

 2日目、18時10分からのセッションでは楽天の吉原優喜氏が登壇し、楽天市場編成部がデータを活用してUI/UXを改善する上で、コンテンツ別にどういったKPIを設計し売上への寄与を可視化してPDCAを回してきたのか、データ分析人材を育成していく上でスキルセットをどのように定義し、どのような企画によって社内啓蒙を行ってきたかを語る予定だ。

【開催概要】
イベント名称:MarkeZine Day 2019 Autumn
登壇セッション:楽天市場編成部のデータ、AIを使ったコンテンツ改善の取り組み
日時:2019年9月13日(金) 18:10~18:40
会場:ホテル椿山荘東京 〒112-8680 東京都文京区関口2-10-8 ホテル棟1F ボールルーム
参加費:無料(事前登録制)

 楽天の吉原氏は、講演にかける思いを次のように語っている。

 「楽天の様々なサービスの中心であり続ける『楽天市場』がどのようにコンテンツを生み出し、改善し続けているか? データ活用の視点から、KPI設計、分析人材育成、AIの活用などを過去の成功事例や失敗談を織り交ぜてお伝えします!」

 データによるコンテンツ改善、データ分析人材の育成に課題を感じている方におすすめのセッションなので、ぜひこの機会に会場に足を運ぶことをおすすめしたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5