SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZine Day 2019 Autumn(AD)

ルールチェンジの時代にDNPが送り出す、リアルとデジタルの垣根を越えたプラットフォーム

 9月13日、14日に行われた「MarkeZine Day 2019 Autumn」から、大日本印刷の天本直也氏による「体験価値のためのマーケティング~リアルとデジタルの垣根を越えて~」のセッションレポートをお届けする。 “アナログな印刷会社”のイメージとは異なり、経産省「攻めのIT経営銘柄2019」29社に選出されるなど、積極的にデジタル投資を進めている同社。デジタルトランスフォーメーションを進める企業のマーケティングを一貫してサポートする、「Marketing as a Service」の概要が語られた。

印刷会社のDNPが打ち出すデジタル戦略

 2017年2月にデジタルマーケティング本部を立ち上げて以降、積極的にデジタル事業へ投資している大日本印刷(以下、DNP)。2018年5月には、MAセンターを設立し、マーケティングオートメーション・ツールの運用支援・代行サービスを開始。さらに2019年に入り、Kaizen Platformと資本業務提携を行い、5G時代に向けた動画コミュニケーションの構築体制を整えたほか、セールスフォース・ドットコムと連携してパーソナルDMを自動送付できるビジネスアプリケーションの提供も始めている。

 そして9月11日には、LINEの新デジタルチラシサービス「LINEチラシ メディアフォーマット」を協業パートナーとして先行販売することを発表。本セッションのスピーカーであり、DNP 情報イノベーション事業部 C&Iセンター デジタルマーケティング本部 本部長の天本直也氏は、そのサービス特長を「顧客の獲得から育成までを、LINEでワンストップに実現できること」と語る。

大日本印刷株式会社 情報イノベーション事業部 C&Iセンター デジタルマーケティング本部 本部長 天本直也氏
大日本印刷株式会社 情報イノベーション事業部 C&Iセンター デジタルマーケティング本部 本部長 天本直也氏

 「LINEチラシメディアフォーマットは、約8,100万人(※月間アクティブユーザー数)いるLINEユーザーに対し、近隣のお店のチラシ情報を配信するサービスです。配信する商品情報を、年代や購買行動、行動履歴に合わせてパーソナライズできることが特長です。店舗をお気に入り登録したユーザーには、プッシュ配信もできます。将来的には、LINE ビーコンと連動した来店計測も予定しています」(天本氏)

多様な外部パートナーとのアライアンスと進めるDNP

 なぜDNPは、他企業との協業を進めるのだろうか。それは、同社のデジタル戦略にある。DNPは、自社に足りないスキルや技術を分析し、アライアンス企業を検討。ときには、1社あたりのリターンを削ってでも、成功率を高めるアライアンスを選択している。また、ビジネス規模を拡大するネットワークにも注目。自社のみで人材を育成したり、サービスの「面」の開拓にこだわるのではなく、企業の垣根を越えたチームで取り組み、目まぐるしく変化するデジタルのビジネスに対応しているのだ。

 こうしたアライアンスの中で誕生したのが、デジタルマーケティングに必要な支援機能をワンストップで提供する「Marketing as a Service(MaaS)」だ。Marketing as a Service(MaaS)は、デジタルマーケティングの実行にともなうツール依存や人材不足をサービスで解決するモデルで、データ収集から施策実行までを、トータルで支援する。

 DNPのデジタルマーケティング事業のコンセプトは、「Emotional Experience!」。リアルと現実をつなぎ、感動体験を創造することだ。同社の基盤を用いたデジタルマーケティング支援に注力する理由を、天本氏は「マーケティングの競争構図が変わってきた。ここに、DNPが貢献できる」と語る。

 天本氏が紹介したのは、ある調査データ。1980年以降、業界トップシェア企業の利益率が下がっており、規模の経済が利益に比例しなくなっていることを指摘した。

 「これまでの規模の経済では、製品そのものの価値を提供することが最優先でした。しかし今は、製品の価値だけでなく、購買後の提供価値が大事なのです。これに気づいている企業は製造の機能を、価値全体を提供するための1つのファンクションであり、すべてではないととらえています」(天本氏)

価値競争の変化
価値競争の変化

次のページ
データとテクノロジーで勝てるマーケティングを実現

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZine Day 2019 Autumn連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

マチコマキ(マチコマキ)

広告営業&WEBディレクター出身のビジネスライター。専門は、BtoBプロダクトの導入事例や、広告、デジタルマーケティング。オウンドメディア編集長業務、コンテンツマーケティング支援やUXライティングなど、文章にまつわる仕事に幅広く関わる。ポートフォリオはこちらをご参考ください。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/10/28 11:00 https://markezine.jp/article/detail/32073

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング