MarkeZine(マーケジン)

記事種別

スターバックスがデジタルマーケターの採用を強化中 “感動体験”はデータの力で新たなステージへ

2019/11/06 11:00

 感動的なサービスで来店客の心をつかみ続けているスターバックス コーヒー ジャパン。近年は、ロイヤルティ プログラム「Starbucks Rewards™」入店前にアプリから注文できる「Mobile Order & Pay」など、様々なデジタル施策にも挑戦している。それにともない、同社は現在デジタルマーケターの採用を強化しているという。本記事では、同社のCRM戦略を担う清水氏と、その人材採用を支援するクリーク・アンド・リバー社の檜垣氏に詳細を聞いた。

目次

デジタルマーケター主導で店舗の体験をデザイン

(左)スターバックス コーヒー ジャパン株式会社 デジタル戦略本部 CRM部 部長 清水省吾氏(右)株式会社クリーク・アンド・リバー社 セクションマネージャー 檜垣知也氏
(左)スターバックス コーヒー ジャパン株式会社 デジタル戦略本部 CRM部 部長 清水省吾氏
(右)株式会社クリーク・アンド・リバー社 セクションマネージャー 檜垣知也氏

――清水さんは現在、どのようなミッションを担っているのでしょうか。

清水スターバックス コーヒー ジャパンのデジタル戦略本部は、デジタルマーケティング部とCRM部に分かれており、私はCRM部に所属しています。

 CRM部はデジタルでお客様とのつながりを強化して、LTVを向上させることがミッションです。新規会員獲得の施策を行いながらデータを蓄積して、データを用いてパーソナライズし、リテンションを行い、リピートにつなげるという一連の流れを作ることを重要な仕事としています。

――デジタル施策の重要性が増しているのですね。もう少し詳しく教えてください。

清水:2017年にロイヤルティ サービス「Starbucks Rewards™(スターバックス リワード™)」を開始し、会員数は470万人を突破しました。また、今年4月のLINEとの業務提携により、LINE上でスターバックスカードを発行できる「LINE スターバックス カード」やLINE Payでのチャージも開始し、好評を得ています。

 それに加えて、6月からは入店前にアプリ上で注文と決済を済ませておくことができる「Mobile Order & Pay(モバイルオーダー&ペイ)」を都内56店舗でスタート。お客様は店頭で商品を受け取るだけでよく、待ち時間のないシームレスな顧客体験を提供することができるようになりました。

 これらのサービスはデジタル上で完結することはなく、店舗に新しいシステムやオペレーションを導入していくチャレンジングな仕事です。デジタルマーケターが主体となり、店舗のパートナーに働きかけながら協働していくことが欠かせません。

 そして現在は、新しいマーケティングオートメーション(以下、MA)ツールを導入し、これまでにないビジネスモデルを作ろうと動いているところです。外部から様々な経験を持つ人材の力を借りて、新しいステージへとステップアップしなければならないフェーズにきています。

檜垣:店舗での体験を重視しているスターバックスさんが、デジタル領域のビジネスや採用を強化していく姿勢を打ち出していること自体が、新しい時代の到来を予感させますね。

クリーク・アンド・リバー社では、スターバックス コーヒー ジャパンへの応募も含め、デジタルマーケターの転職・キャリア相談を積極的に受け付けています! 詳細はこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5