SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

事例&データで深掘り!Instagramマーケティングの現在地(PR)

資生堂がInstagramを中心としたブランディング戦略を公開 ストーリーズ広告の新常識とは?

 Instagramの最新のトレンドやビジネス活用方法を紹介するイベント「Instagram Day Tokyo 2019」が10月29日に開催された。本稿では、Instagramをブランディングに活用する際のポイントや資生堂ジャパンとテテマーチによるセッションのレポートをお届けする。

ビジネスをさらに加速させる3つの新機能

 日本の月間アクティブアカウント数が3,300万を突破し、ビジネスにおいても外せないメディアとなったInstagram。イベント当日の会場は、1,200名以上の業界関係者で賑わった。冒頭に登壇したのは、Instagram製品部門の責任者であるヴィシャル・シャー氏。

 「視覚に訴えるInstagramでは、実際に来店させる、購買を促すといった行動を喚起することができます。日本の利用者の83%がInstagramを見て行動に移したという調査結果もあります。ビジネスでもさらにご活用いただけるよう、Instagramはイノベーションを続けています」と語り、Instagramが特に注力するビジネス向けの新機能を紹介した。

Instagram 製品部門 責任者 ヴィシャル・シャー氏
Instagram 製品部門 責任者 ヴィシャル・シャー氏

 まず、虫眼鏡のアイコンをタップすると表示される「発見タブ」への広告出稿が可能になったこと。発見タブには、利用者がフォローしていないアカウントの投稿が、興味・関心に基づきパーソナライズされて表示されている。新しい情報を求めているオーディエンスにリーチできるという利点がある。月間アクティブアカウントの半数がこの発見タブを見ているという。

 2つ目は、ストーリーズ広告でもカルーセル形式、そして「アンケートスタンプ機能」や「絵文字スライダーステッカー」といったインタラクティブな要素を取り入れられるようになったこと。利用者のオーガニック投稿に近い形にすることで、広告をより魅力的なものにすることができる。

 3つ目は、ショッピング機能のアップデート。たとえば、米国でテスト中の機能では、発売日タグが設定できるようになり、新商品のローンチに使えるようになった。利用者が発売日のスタンプをクリックすると、リマインダーを設定できる。先行してアディダスがドナルド・グローバーとのコラボシューズ発売の際に利用したところ、発売後3分で完売となった。Instagram上での買い物体験を向上させるために、ARによって化粧品や洋服を試せるという機能も開発中だ。

 さらに、アメリカ以外で初めて、日本にもプロダクトチームを作った。シャー氏は、「日本の利用者がどのようにInstagramを使っているのかを理解してプロダクト開発に役立てていきたいと考えています」と意気込みを話す。

Instagramは若年層のマスメディア

 続いて登壇したFacebook Japan執行役員 営業本部長の鈴木大海氏は、「若年層マーケティングに悩まれている広告主様は多いですが、若年層の方にとってInstagramはマスメディアになっていると捉えています」と語り、それを裏付けるデータを紹介した。

Facebook Japan株式会社 執行役員 営業本部長 鈴木大海氏
Facebook Japan株式会社 執行役員 営業本部長 鈴木大海氏

 若年層(18〜29歳)が1ヵ月間でInstagramに接触している総利用時間は1億時間以上になり、2017年と比較して201%の伸びとなっている。起床から就寝まで一定の利用があり、ほぼすべての時間帯でInstagramが使われているそうだ。

 また、若年層の検索行動は、“ググる”から“タグる”が主流になりつつあるとも話す。Instagramは自分の好きなことに関連する情報を発見し、出会う場になっているのだ。ビジュアルから入ることで、自分の感性に合うものを見つけやすいのだろう。たとえば、好みのネイルサロンをハッシュタグや立地などから絞りこみ、店が決まったらその中からやってもらいたい作例を保存し、店頭で見せてオーダーするというような使い方がされている。

 「発見から、行動につなげることができるのもInstagramの強みです。若年層利用者の85%がInstagramの投稿を見て何かしらの行動を取ったと回答しています。もはや若年層にとって欠かせないメディアになっています」と鈴木氏。

 ストーリーズについては、日本では1日に700万件投稿されていて、これは映画の尺に換算すると10,000本分にもなるという。日本は世界有数のストーリーズ大国だそうだ。デイリーアクティブアカウントの70%がストーリーズを利用し、Instagramの成長を牽引している。また、グローバルで最もよく見られているストーリーズのうち、ビジネス投稿の割合は3分の1を占めている。

次のページ
ブランディング活用で大切な2つのポイント

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
事例&データで深掘り!Instagramマーケティングの現在地連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

平田 順子(ヒラタ ジュンコ)

フリーランスのライター・編集者。大学生時代より雑誌連載をスタートし、音楽誌やカルチャー誌などで執筆。2000年に書籍『ナゴムの話』(太田出版刊)を上梓。音楽誌『FLOOR net』編集部勤務ののちWeb制作を学び、2005年よりWebデザイン・マーケティング誌『Web Designing』の編集を行...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング