SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Criteo、「Criteoアプリインストール」を提供開始 予測最適化技術により適切な顧客へリーチ

 インターネット上のオープンな広告プラットフォームを提供するCriteo(クリテオ)は、スマートフォンやタブレット端末などのモバイルアプリ向けソリューションとして「Criteoアプリインストール」の提供を11月19日より正式に開始することを発表した。

 「Criteoアプリインストール」は、機械学習と予測最適化によりまだアプリを持っていない適切な新規顧客へのリーチおよび獲得までを実現するアプリ広告ソリューションだ。これにより、新規顧客の獲得から、既存顧客とのエンゲージメントやリターゲティング、コンバージョンまで、1つのプラットフォームでの一括管理を実現する。同社は可能になることとして次の6点を挙げている。

 ・アプリのダウンロード数を増やす一方で、ダイナミックリターゲティング広告により既存顧客とのエンゲージメント向上とアプリへの再訪を促進
 ・顧客の好みに合わせた広告を表示することでアプリ内広告のコンバージョン向上
 ・機械学習と予測最適化技術により対象とすべき最適な顧客の発見
 ・膨大なパブリッシャーのネットワークから質の高い新規顧客の獲得
 ・モバイル向けの高品質なビデオ広告在庫へのアクセス
 ・認知からコンバージョンに至るまで一貫したキャンペーン管理

【関連記事】
フィードフォースがコンサルティングサービスの提供を開始 Criteo広告のインハウス運用を支援
Criteo、Manageを買収し「モバイルアプリ広告事業」を強化
アドエビス、CriteoとTwitterの広告コスト自動取得を開始
DMP「AudienceOne」がCriteo連携 趣味嗜好や購買行動データで潜在層をターゲティング
シナジーマーケティングの「AD2」と「Criteo」が連携 メールアドレスを活用した広告配信が可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/11/21 07:30 https://markezine.jp/article/detail/32407

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング