SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オプト、AIを活用した「広告レビューの考察自動生成ツール」を開発

 オプトは、運用型広告の運用実績をAIによって分析し、自動で考察までの作成が可能となるツール「Literalporter(リテラルポーター)」を独自開発した。これにより、広告運用実績のレビュー作成にかかる一連の工数を大幅に削減し、広告主への価値提供を最大化していく。

 同ツールは、大量且つ複雑な媒体データや、広告運用実績の数値変動要因をAIで自動抽出・分析し、広告運用実績の考察までを自動化するもの。自動考察内容についてはトップコンサルタントのナレッジをもとに数千通りを作成する。広告レビューのベースとなる内容が瞬時に生成されるため、これまで以上に最適且つ戦略的な提案活動に注力することが可能となる。

 同社は今後、過去の広告運用施策における数値変動要因の分析から、適切な運用改善施策を自動提案するレコメンド機能の開発を予定している。

【関連記事】
オプトのオムニチャネルイノベーションセンター長に伴大二郎氏が就任
オプトの「TSUNAGARU」、LINE公式アカウントへの「友だち追加」流入経路の計測・分析が可能に
オプトグループ、有店舗事業者向けのサービスを開始 店舗情報の一括管理、レビュー活用を可能に
オプト、EC分野におけるSNSマーケティングを強化 ecbeingとマーケティング領域で業務提携
オプト、上智大学山下研究室と産学連携を開始 広告効果の時系列予測と統計的分析の新手法開発へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/01/21 14:00 https://markezine.jp/article/detail/32444

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング