MarkeZine(マーケジン)

記事種別

WACULとラクス、メールマーケティングの効果を最大化するアプローチについて共同研究を開始

2019/12/10 11:15

 WACUL(ワカル)の社内研究所「WACULテクノロジー&マーケティングラボ」は、中小企業向けのクラウドサービスを提供するラクスと共同で、メールマーケティングの効果を最大化する勝ちパターンの解明に向けて、共同研究を開始した。

 同社はこれまで、Webマーケティングの改善提案ツール「AIアナリスト」を提供するとともに、マーケティングの改善成果を蓄積してきた。また、テクノロジーとビッグデータとをつなぎあわせ、マーケティングの改善に結び付ける「行動解析技術」を磨いてきた。

 一方ラクスはメール配信サービス「配配メール」を提供し、データおよびメールマーケティングへの知見を深めてきた。

 両社が知見をもち寄ることで、メールマーケティングにおけるデジタル活用の新たなベストプラクティスを解明し、メールマーケティングを効果的に実践していくことができると考え、共同研究の実施に至った。

【関連記事】
WACULとReproが協業 AIによるデータ分析で、Webサイトの導線設計と接客の効果を最大化へ
BtoBサイトのフォーム、遷移ボタンと遷移先タイトルの一致で通過率が1.3倍改善【WACUL調査】
事例紹介ページのCVRを最大化するUI・UXとは?WACUL Lab.が研究レポートを発表
ディノス・セシールCECOの石川氏ら3名が「WACULテクノロジー&マーケティングラボ」の顧問に就任
AIが購買・リード獲得につながるコンテンツを制作!WACUL、「AIライター」の一般提供を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5