SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オプトとReproが連携 LTV向上につながるロイヤルティ育成支援を共同で開始

 オプトは、Reproと連携し、顧客ロイヤルティを高め、LTV向上を支援する「Repro × Handy CEM」の提供を開始した。

 オプトは「行動」と「心理」の二軸で顧客の特徴を分析・可視化し、ロイヤルユーザー育成のために必要なコミュニケーションを実現するためのソリューションとして、2019年に「Handy CEM(ハンディシーイーエム)」を開発。

 今回のReproとの共同開発により、カスタマエンゲージメントプラットフォーム「Repro(リプロ)」が保有するWeb、アプリユーザーの行動・属性データに「Handy CEM」が保有する定量データを掛け合わせ、従来以上に顧客理解を深めた上でプッシュ通知やアプリ内メッセージ、Webメッセージなどの配信ができるようになる。

 これにより、ロイヤルティの高いユーザー育成に必要とされるメッセージを最適なタイミングで届けることができるようになり、LTVの向上につながるロイヤルティの育成を実現する。

【関連記事】
オプト、AIを活用した「広告レビューの考察自動生成ツール」を開発
オプトのオムニチャネルイノベーションセンター長に伴大二郎氏が就任
オプトの「TSUNAGARU」、LINE公式アカウントへの「友だち追加」流入経路の計測・分析が可能に
オプトグループ、有店舗事業者向けのサービスを開始 店舗情報の一括管理、レビュー活用を可能に
オプト、EC分野におけるSNSマーケティングを強化 ecbeingとマーケティング領域で業務提携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/01/22 16:15 https://markezine.jp/article/detail/32800

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング