SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

I&S BBDO、モメンタム提供のアドフラウド対策ツールを導入 信頼性の高い広告配信環境を構築

 I&S BBDOは、モメンタムが提供する広告代理店向けアドフラウド・ブランドセーフティ対策用ブラックリスト提供サービス「HYTRA DASHBOARD(ハイトラダッシュボード)」を導入。同時に、モメンタムが展開する「ACP(Agency Certification Program)」のパートナーに認定された。

 同サービスは、モメンタムが収集するウェブサイトを独自の審査基準により解析し、ブランドリスクにつながるウェブサイト、アドフラウドが頻出するドメイン及びURLをブラックリスト化、リアルタイムに更新・提供するダッシュボードだ。機械判定に加えて、専任のオペレーターによるダブルチェックを行っている。

 これによりI&S BBDOは、同サービスにて提供されるリストを国内外の主要なアドプラットフォームへブラックリストとして適用することで、広告主に対して信頼性の高い広告配信環境を提供することが可能に。広告配信効果の改善が期待できる。

 なお「ACP」は、モメンタムが提供するデータを正しく活用し、安心・安全な広告配信を行う技術と実績を持つ広告代理店を同社がパートナーとして認定する取り組みだ。

【関連記事】
モメンタム、インフルエンサーのフラウド検知サービスを提供開始 NeoReachとの提携により実現
トランスコスモス、運用型広告の配信においてモメンタムの「アドベリフィケーション対策ツール」を導入
ブランドセーフティ的にリスクのある広告在庫、プラットフォームによっては50%上回る【モメンタム調査】
Yahoo! JAPANの「アドフラウド・ブランドセーフティ対策」を強化 モメンタムがサービス提供へ
ADK、モメンタムの不正広告ブラックリストを導入 アドフラウド・ブランドセーフティ対策を強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/02/10 07:00 https://markezine.jp/article/detail/32883

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング