MarkeZine(マーケジン)

記事種別

DXをどう進める?マーケターの役割は「顧客視点」と「業務効率化」の2つをつなぐこと

2020/04/13 10:00

 スマートフォンの爆発的な普及で、消費者の購買行動はデジタル化している。そのような状況下、リテール企業はどのようにデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)を推進すべきなのか。2020年3月10日に行われたMarkeZine Day 2020 Springでは、CaTラボ オムニチャネルコンサルタント逸見光次郎氏とランチェスター代表取締役の田代健太郎氏が登壇し、リテール企業のDXにおいてマーケターが果たすべき役割について語った。

目次

100年以上続いた売り方が激変

 「マーケターが推進する、リテール企業のDX」と題された本セッション。CaTラボ オムニチャネルコンサルタントの逸見光次郎氏とランチェスター代表取締役の田代健太郎氏が、リテール企業を取り巻く課題とその解決策について語った。

株式会社CaTラボ オムニチャネルコンサルタント 逸見 光次郎氏
株式会社CaTラボ オムニチャネルコンサルタント 逸見 光次郎氏

 逸見氏のキャリアは、バラエティに富んでいる。大学卒業後に入社したのは三省堂書店。以降、ソフトバンク イーエスブックス(現、セブンネットショッピング)を立ち上げ、Amazon ジャパンでBooksMDを担当。その後もイオンのデジタルビジネス戦略担当、カメラのキタムラ 執行役員EC事業部長、ローソンマーケティング本部長補佐、千趣会執行役員マーケティング担当などを歴任し、経営と現場、ITと営業、デジタルとアナログの両方に携わってきた。

 こうした経験を踏まえ逸見氏は、リテール企業を取り巻く市場環境について「デジタル化やスマートフォンの普及で、100年以上続いてきた“売り方”が激変している」と指摘。既存の宣伝手法や販売方法では市場で生き残るのは難しく、変わらなければいけないこと強調した。

 「スマートフォンの普及にともない、消費者が能動的に情報を得ることができるようになりました。一方、売る側も消費者のパーミッション(許諾)を得て、顧客の消費行動や嗜好性を理解するデータを取得することが可能です。企業は『個』がどのような消費者なのかを把握し、『個』に合ったアプローチができる時代になっているのです。しかし残念ながら、それを実現できている企業は多くありません」(逸見氏)

 通信環境の変化だけではない。顧客の消費行動の変化を示す数字もある。リテールの市場規模は1997年の148兆円から2016年の128兆円に減少している一方、訪日観光客が年間4兆円(2018年度実績)を消費するようになった。このことからも、“マス”に向けて広告を打つという従来のやり方を脱し、DXに向けた体制構築を急ぐ必要があることがわかる。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5