SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヴァリューズ、中国の消費者ニーズがリアルタイムに分かるオンラインインタビュー調査サービスを開始

 ヴァリューズは、中国の消費者に対しチャットツールを用いてリアルタイム・同時通訳でインタビュー調査を行い、現地ニーズを掘り下げて把握できる定性調査サービスを開始した。

 同サービスは、日本語・中国語バイリンガルのリサーチャーが、クライアント同席のもと、オンライン上で対象者に質問し、リアルタイムで回答を得る。あらかじめ用意した質問だけでなく、対象者の反応によって生まれた新たな質問もその場で同時通訳が可能。また、事前に送付した商品を対象者に使用してもらった後に質問するサンプリング調査や、対象者を複数集めたグループインタビュー形式での調査も行える。

 取材対象者は、「自社商品の購入者に」「肌の悩みを感じている人に」といったように、事前に対象者にアンケートを配信することで、適切な絞り込みが可能。また、対象者の同意を得た上で、その商品に関する生活の場、たとえば鏡台などの商品の置き場や、料理などの商品の利用結果などの写真をチャットツール上で送ってもらうことで、より詳細な実態を把握できる。

【関連記事】
消費者の43%が「商品やサービスと引き換えに企業に情報提供したい」と回答【チーターデジタル調査】
アクセスプログレス、位置情報を活用したDSPを提供 消費者のスポットから類推したネット広告を配信
CINC、新型コロナで変容した消費者の購買行動を可視化する「検索市場レポート」提供
デジタルサイネージで棚前の消費者行動データを分析 RJCリサーチとimpactTVが新サービスを開始
脳活動を可視化し消費者インサイトを分析 凸版印刷が消費財メーカー向けの新調査メニューを提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/05/13 13:15 https://markezine.jp/article/detail/33373

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング