SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂、「Creative Growth Index」を開発 組織開発の効果を可視化

 博報堂の専門組織「博報堂ブランド・イノベーションデザイン」は、組織開発の効果を可視化する指標「Creative Growth Index(クリエイティブ・グロース・インデックス)」を開発した。今後、企業のクリエイティブな組織風土づくりを支援するソリューションを提供していく。

 近年、イノベーションを生み出しやすい組織や、従業員とチームの潜在能力を引き出す組織など、クリエイティブな組織風土づくりへの注目が高まっている。一方で、それらの活動の成果や相関関係を客観的に評価・把握することが難しく、投資対効果の見えにくさから、活動が継続しないケースも少なくない。こうした課題を解決するため、「Creative Growth Index」の開発に至った。

 「Creative Growth Index」は、従業員の意識や組織の実態を測る様々な項目を6つの指標に整理。「パーパス・ビジョンに従う行動」「クリエイティブな行動」「関係の質の良さを示す行動」「オープンイノベーションに適した組織風土」「効率や機能優位を重視した行動」「業務評価およびその実感」という各指標の数値を、世の中の基準値や施策前後で比較することで投資対効果を可視化する。同時に、指標間の相関関係をもとに具体的な方針を導き出していくことで、企業のクリエイティブな組織風土づくりをサポートしていく。

【関連記事】
博報堂と博報堂プロダクツ、顧客接点コミュニケーションを 非接触・非対面化する「GOGO DX」を提供
博報堂DYHDの戦略事業組織kyu、Godfrey Dadich社を買収 企業のボーダーレス化に対応
Gunosyと博報堂DYメディアパートナーズ、CMの獲得成果を最適化するプラットフォームを提供
博報堂DYMP、マルチスクリーン/マルチフォーマットへ拡張する広告配信システムを提供開始
博報堂、台湾大手の独立系広告エージェンシーグループ「Growww Media」を連結子会社化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/07/22 09:30 https://markezine.jp/article/detail/33877

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング