SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

芸能人YouTubeチャンネルを30以上開設したプロデューサーが教える、企業広告への活用術最前線

「タレントのYouTubeチャンネル」と企業はどうコラボすべき? チャンネルコンセプトマップも公開

 現在タレント・アーティストのDX支援を包括的に手掛ける「FIREBUG」が、自らの知見をもとに、エンターテインメント市場とデジタルコンテンツ市場の両面から、タレントビジネスの動向を解説する本連載。2回目となる今回は、タレント・アーティストのYouTubeチャンネル運用の裏側、そして広告主にとってのタレントYouTubeチャンネルの活用術を現場目線でお話しします。

YouTubeとテレビでタレントのイメージは異なる

 前回は「なぜ増える?タレントのYouTubeチャンネル エンタメ業界で始まるDXの裏側」と題し、エンターテインメント市場・デジタルコンテンツ市場の両面からタレントビジネスの動向を解説しました。

 今回は、タレント・アーティストのYouTubeチャンネル運用の裏側、そして広告主にとってのタレントYouTubeチャンネルの活用術を現場目線でお話しします。また、人気タレントのYouTubeチャンネルのコンセプトをマッピングしたので、ぜひそちらもご覧ください。

 まず、タレント・アーティストのYouTubeチャンネルの現状を見ていきましょう。タレント・アーティストのYouTubeチャンネル数は、2018年から2019年にかけて2.5倍までに増加(自社調べ)。2020年はコロナ禍の影響もあり、その動きがさらに活発になっています。

 タレント・アーティストがYouTubeに進出する背景は大きく2つです。1つがテレビでは難しくなった芸風を発揮したり、露出の機会を増やしたりしたいケース。もう1つが、純粋に新たなプラットフォームでチャレンジがしたいケースです。

 つまり、従来のYouTuberがYouTubeを起点として知名度を高めているのに対し、タレント・アーティストのYouTube活用は、マスメディアでファンを獲得した上での、TwitterやInstagramと同様の“新しい表現の場”として使われる傾向があるのです。

 タレント・アーティストのYouTube市場はまだ発展途上です。テレビとは視聴者層が異なる部分もあり、本人たちも手探りでコンテンツを制作しています。そのため、広告主はテレビ出演時のイメージをもとに仕事を依頼するのではなく、各タレント・アーティストが定めたチャンネルコンセプトを把握した上で依頼先を選ぶ必要があります。

タレント別、YouTubeチャンネルコンセプトマップ

 参考までに、人気タレントYouTubeチャンネルコンセプトの傾向を独自に分類しました。

人気YouTubeチャンネルの方針傾向
人気YouTubeチャンネルの方針傾向

延長線上

 マスメディアでコアファンを獲得し自身のブランドが確立しているタレント・アーティストは、世間に浸透しているキャラクターや得意領域をYouTubeにも活かしています。既存ファンをそのままYouTubeに連れてこられるのが強みです。

チャレンジ1→10:持ち味特化型

 従来のキャラクターを活かしつつ、テレビとは異なる企画に挑戦するパターンです。たとえば、“高学歴芸人”として知られる中田敦彦さんは、歴史や経済、時事ネタなどを巧みな話術で解説する「教育系YouTuber」としてポジションを確立しています。

チャレンジ1→10:プライベート発信型

 テレビでは見せない“素の一面”を見せていくパターンです。川口春奈さん、佐藤健さんなど、女優・俳優のYouTubeチャンネルに多く見られます。

チャレンジ0→1:キャラ生成型

 既存のイメージから脱却して、まったく新しいキャラクターや企画に挑戦するパターン。芸人の秋山竜次さん、塚地武雅さんなどが当てはまります。

 このように、自身の新たな一面を表現するケースや、従来の活動の裏側などをコンテンツ化するケースなどパターンは様々です。広告主の目線になると、商材やそのブランドイメージにフィットした広告コンテンツを制作するために、チャンネルコンセプトの見極めが非常に重要なのです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
一般的なYouTubeクリエイターより高い効果が見込める可能性も

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
芸能人YouTubeチャンネルを30以上開設したプロデューサーが教える、企業広告への活用術最前線連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

長塚 真央(ナガツカ マオ)

株式会社FIREBUG YouTubeメディア事業グロース責任者兼プロダクトマネージャー 担当チャンネルの登録者数を3ヵ月で5倍成長させるなどの実績を残し、現在は企画立案やデータ分析を、チャンネルを横断して統括。前職の大手インターネット広告代理店にて、営業マネージャーとして年間数十億規模の広告主を専属担当していたことから、自社の広告商品の設計にも携わっている。 好きなYouTubeチャンネルはほんだのばいく、ジュニア小籔フットのYou...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/07/31 09:00 https://markezine.jp/article/detail/33895

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング