MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「STUDIOUS」など展開するTOKYO BASE、ECサイトにトリプラのAIチャットボットを搭載

2020/07/29 12:45

 「STUDIOUS」などのアパレルブランドを展開するTOKYO BASEは、EC部門カスタマーサポートの強化策として、トリプラのAIチャットボットを採用。TOKYO BASEが運営するブランド「STUDIOUS」「UNITED TOKYO」「PUBLIC TOKYO」のオンラインショップに、「triplaチャットボット」を導入した。

 これまで同社では、電話・フォーム・LINEアカウントで9時30分~18時30分(電話は11時~17時)の間スタッフが問い合わせ対応をしていたが、同チャットボットの導入により24時間5言語でAIによる自動回答が可能となった。商品の購入前や購入後に来る顧客からの問い合わせにAIチャットボットが迅速に回答することで、顧客の利便性向上と円滑な商品購入をサポートすると同時に、問い合わせ対応業務の効率化を実現した。

 トリプラは、今回のTOKYO BASEへの導入を皮切りに「triplaチャットボット」サービスの拡販を進め、小売業 (EC事業を含む)、外食、メーカー、不動産、人材・教育・コンサル、自治体等へ業界を問わずサービスを展開していく。

【関連記事】
チャットボットの構築・運用を支援し「育てる手間」を軽減 カラクリが「AIアドバイザー機能」を公開
「チャットボット」の認知率は約7割/10代の約4割が利用を経験【ジャストシステム調査】
元ZOZO執行役員の田端信太郎氏、チャットボット開発を行うwevnalのマーケティング戦略顧問に就任
オークネットの生花店向け会員取引サイト、ユーザーローカルのAIチャットボットを導入
Macbee Planet、サブスク解約を防止するチャットボットに新機能 内容により表示速度を変化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5