MarkeZine(マーケジン)

記事種別

シニア世代のランチ予算、男性は825円、女性は989円とややリッチ志向【ネットエイジア外食利用実態調査】

2008/04/23 12:15

 ネットエイジアは、男女50歳~79歳のシニア層に対して調査を行い、500名(男性:250名、女性:250名)の回答を得た。4月から輸入小麦の政府売り渡し価格が30%引き上げられたのを受けて、外食店のメニューの値上げが加速するなか、金銭的に余裕があるとされるシニア世代は、どのように外食を利用しているのだろうか。

最も利用頻度が高いのは「昼食」、女性にリッチ志向

 シニア世代は、1日のうち、どの時間帯でタイミングで外食を利用することが多いのだろうか。朝食・昼食・夕食のなかで最も利用頻度が高いのは「昼食」で、昼食での外食頻度が「週1回以上」の割合が37.4%なのに対して、夕食では16.8%にとどまっている。一方、外食を利用する頻度が最も低いのは「朝食」で「週1回以上」の割合は8.8%。また、男女別で見ると、昼食時に外食する頻度が高いのは男性で「週1回以上」利用する人はほぼ半数に達している。

 よく利用する店の種類も時間帯によって異なり、夕食に利用する店の上位は、「ファミリーレストラン」、「和食店」、「中華料理店」、「居酒屋」、「回転寿司店」、「焼肉店」なのに対して、昼食時の人気店は、「ファミリーレストラン」、「ラーメン店」、「そば・うどん店」、「定食屋」と、昼食時のほうが手軽な店が多くなっていることがわかる。また、男女別では、男性の利用する店トップ5は、「ラーメン店」、「そば・うどん店」、「定食屋」、「ファミレス」、「牛丼チェーン」。女性の上位は、「ファミレス」、「ラーメン店」、「そば・うどん店」、「和食店」で、5位に「イタリアレストラン」が入っており、女性は男性に比べて、リッチな昼食を選ぶ傾向があるようだ。

ランチ予算「500円以下」の男性は12.4%

 気になるランチの予算についてたずねると、男性で最も多いのは「1000円」(22.1%)で、「800円」(14.8%)、「500円以下」(12.4%)が続く。予算額にバラツキがあるが、加重平均した予算額平均は825円。女性では、「1000円」(30.8%)が最も多く、「1200円」(13.7%)、「1500円以上」(10.1%)が続き、平均で989円と男性に比べ高めとなっている。また、男性で12.4%だった「500円以下」の回答は4%にとどまっている。

【関連リンク】
「好きな料理といえば日本料理」が8割超【好きな食のジャンル調査】
クチコミサイト「食べログ.com」、飲食店が無料で情報発信、アクセス解析もできるプラットフォームを提供
都市型シニア層に贈る、厳選されたグルメ情報サイト「WagaMaga 美食空間」
飲食店のポイントカード、女性の平均所有枚数は約20枚【ぐるなびアンケート】

「ネットエイジアリサーチ《シニアマーケティング》外食に関する実態調査~ランチの外食、女性で贅沢感~」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5