SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

カラビナハート、カルビー「じゃがりこ」のSNS支援を開始 双方向のコミュニケーションを仕組み化

 マーケティングとマーケターのキャリアを支援するカラビナハートは、カルビーのお菓子ブランド「じゃがりこ」のSNS運用支援を開始した。

 カラビナハートは、SNSの作戦・運用設計が内製できる仕組み化までの伴走をミッションに、戦略設計や目標設計、運用方法サポート、投稿コンテンツスケジューリング、振り返りなどのサポートを行っていく。

左:カラビナハート 吉田氏、右:カルビー マーケティング本部 谷澤氏

 「じゃがりこ」は1995年に発売して2020年でちょうど25周年。当時のターゲットは女子高生で、コンパクトで鞄の中に入れて持ち運びができるお菓子がコンセプトだった。当時のターゲットが親世代になり、現在では世代・性別を超えた幅広い層に親しまれている。

 「じゃがりこ」のさらなる成長のためには知ってもらうことではなく、お店で「じゃがりこ」が選ばれる確率を上げること、そろそろ「じゃがりこ」を楽しみたい、と思ってもらう機会を増やすことが重要と考え、カルビーはカラビナハートからの支援を受けるに至った。

【関連記事】
カラビナハートのSNSコンサルタントに元すかいらーくHDの吉田啓介氏が就任
スパイスボックス、コンテンツマーケを支援する「BRAND SHARE」リリース~カルビーなど数社導入
カルビー、初のダイニング「カルビープラス ファームダイニング」を東京ソラマチにオープン
イトーヨーカドーでミドリムシ入り食品販売~カゴメなど食品メーカー8社が共同開発
カルビー『Deepo』、テレビCMにYouTubeで話題のパフォーマーを起用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/10/01 15:30 https://markezine.jp/article/detail/34454

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング