SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineピックアップ(PR)

滑らかな接客でまだ見ぬ未知の「顧客体験」へ DXを実現し経営目標達成まで伴走する「Axコマース」とは

 コロナ禍で相次ぐECサイトローンチ。売上も立つ一方で、リアルビジネスをカバーするインパクトはないという壁に直面している事業者も少なくないだろう。ECを熟知したGMOメイクショップが提供する、DXを実現し、経営目標の達成まで伴走する「Axコマース」とは。

デジタルによる効率化で、サービスにかかわる皆が楽になるのがDX

 コロナ禍でECが盛況だ。新たにECというチャネルを設けたことにより、従来なかった売上が立つのは喜ばしいことだが、リアルの売上減を補うまでのインパクトはなく、悩み始めた企業も少なくないのではないか。単なる物販ECではなく、自社のDXを描き、その上でECを構築するほうが長い目で見れば大きな成功につなげられそうである。

 ECを熟知するGMOメイクショップ株式会社 代表取締役社長 向畑憲良さんは、このような現状を踏まえ、DXとECについて次のように語る。

GMOメイクショップ株式会社 代表取締役社長 向畑憲良さん

 「DXとは、そのサービスを利用する人たちが便利になることだと考えています。利用する人とは、消費者はもちろん事業者側、すなわち経営やミドルマネジメント層、販売部門やシステム部門など、サービスにかかわるすべての人たちを指しており、その全員が、今よりもずっと楽に、快適になることです。とくに事業者については、手間がかかる仕事の進めかたをしているため、システム化して効率化したいというニーズがあります。

 私個人の経験を例としてお話しすると、オーダーメイドのスーツを作ろうとはじめての店舗を訪れたところ、時間が足りずその日は相談と採寸だけで終わってしまい、その後、多忙でその店舗を訪れることはありませんでした。もし、事前にEC上で気に入った生地をいくつか選び、リアル店舗に採寸に行った際に生地の素材や実際の色を確認するといったことができたら違ったでしょう。このように、デジタルを活用しないことで強いられていた不便が、消費者にも事業者側にもあるはずです。

 これまでデジタルを活用してこなかった企業や消費者は、まだ見ぬデジタル活用が、どれほどの利便性をもたらすか想像できないでしょう。今取り組んでいる業務が、どれほど非効率的か気づくことができない。これがデジタル化が進まなかった理由だと考えます。

 コロナ禍で対面ビジネスが難しくなり、突貫で物販用のECサイトをローンチした。それはそれで、ひとつのECの役割だと思います。たとえば、コンタクトレンズやスキンケアの定期購入のような買い物が便利になるでしょう。少し発展して、型や価格がある程度定型化されたメガネECといったようなコンセプトのものは、EC部門のみの権限で構築できるかもしれません。でもそれは、従来店舗で提供してきたオーダーメイドの満足度には及びませんよね。その企業のDXを実現したとは言えないわけです。リアル店舗では手間や時間がかかりすぎて非効率になっていたオーダーメイドを、デジタル活用で一部業務を効率化し、高い満足度で提供できるようにすることがDXなのです

次のページ
DXに貢献するECシステムは、データのスムーズな取得・活用が必須

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
ECzineピックアップ連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/10/07 10:00 https://markezine.jp/article/detail/34498

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング