SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通ライブ、XR空間演出システム「LIVE_XR」で次世代のオンラインイベント開催を支援

 電通ライブは、バーチャル上でXR空間を演出するソリューション「LIVE_XR(ライブ_エックスアール)」の提供を開始した。XR=XRealityは、VR、AR、MRなどの総称。

 オフラインでのリアルイベントを行うことが困難となっている今、オンライン上で補完、代替するだけでなく、リアルイベントと同等以上の顧客満足・感動体験を与えるソリューションが求められている。

 これを背景に同社は、同ソリューションをローンチ。現実の被写体・人物とデジタルグラフィックスを融合する「リアルタイムXR合成システム」を活用し、撮影・演出・配信を支援する。その他、専用大型スタジオや特殊機材、音響など、総合的にサービス提供。企業・団体トップのプレゼンテーションイベント、新商品発表会をはじめとするPRイベント、カンファレンス、エンターテインメント領域におけるステージイベントなど、様々な用途・状況に対応する。

【関連記事】
カヤック、オンライン会議感覚で使えるイベントプラットフォーム「Remobiz」を正式リリース
シャノン、リアルタイムに会場内人数を管理できる 「イベント人数上限管理機能」を提供
博展とunerry、イベント来場者の行動分析・デジタル施策への連携を可能にする「イベシル」を提供開始
Sansan、イベントテック事業を本格展開~BtoB企業のカンファレンス開催を全方位的に支援
Sansan、オンライン名刺活用でイベント等の情報入力を効率化する「Smart Entry」を提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング