MarkeZine(マーケジン)

記事種別

博報堂、ダイレクトマーケティング強化のため博報堂プロダクツと博報堂ダイレクトの機能を再編

2020/11/04 13:10

 博報堂は、子会社である博報堂プロダクツと博報堂ダイレクトの機能再編を発表。グループ内のダイレクトマーケティング領域の対応力強化を図る。

 昨今、生活者ニーズの多様化や生活のデジタル化が進み、博報堂のクライアント企業におけるダイレクトマーケティング領域の事業拡大が加速。今後、企業のDXはさらに進み、顧客へのアプローチ手法の多様化、複雑化が予想される。

 これらを背景に博報堂は、2021年4月1日を目途に博報堂ダイレクト、博報堂プロダクツのダイレクトマーケティング領域の機能を統合・再編。これにより、ダイレクトマーケティングの企画立案からシステム実装・運用、コンタクトセンターの顧客データ分析など、様々なソリューションをワンストップで提供する。また、博報堂プロダクツを存続会社として再編を進めることで、業務運営の効率化、グループ内の当該領域の機能拡充も図り、個々の能力が発揮しやすい組織づくりを目指す。

【関連記事】
博報堂と法政大学 西川英彦研究室、先進的な生活者と企業の価値共創を研究する新組織を発足
博報堂、ブランド発想の企業・事業変革コンサルティングを開始 同社グループ横断で本格的に提供
博報堂プロダクツ、InstagramなどのARコンテンツ開発支援サービスを開始 Reelsにも対応
博報堂、若者とシニアの世代間対話から企業活動の最適解を探るオンラインワークショップ「両極会議」を開始
博報堂、Insight Techと「社会不満HEATMAP」を開始 コロナ禍の不満を企業活動に活かす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5