SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

世界規模のテクノロジーカンファレンス「ウェブサミット」が2022年に東京で開催決定

 グローバルでテック系イベントを主催するウェブサミットは、2022年9月に東京で「Web Summit Tokyo (ウェブサミット東京)」を初めて開催することを発表した。

 ウェブサミットは、2009年にアイルランドのダブリンでスタートして以来、世界規模で開催されているテクノロジーカンファレンス。ポルトガルの首都リスボンにて開催される「ウェブサミット」のほか、北米版「Collision(コリジョン)、アジア版「RISE(ライズ)」などの関連イベントを含めると、これまでに累計50万人が参加している。

 今回の発表によれば、ウェブサミットと日本政府は、日本の首都である東京での開催について5年間の協定を結ぶという。

 ウェブサミットの共同創設者兼CEOであるパディー・コスグレイヴ氏は「日本の多くの政財界のリーダーたちと話すなかで、日本がスタートアップ経済を強化しようとしていることは明らか。世界中から何千人もの起業家、CEO、グローバルリーダーが東京に集結することは、日本のビジョンを後押しすることになるだろう」と語っている。

 なおウェブサミットは、2021年11月にもポルトガルのリスボンで対面式のカンファレンスとして開催される予定で、7万人以上の参加者を予定している。

【関連記事】
ゲームアプリにおける不正インストール率、グローバルで約170%増加/adjust調査
サントリー、グローバル市場でのビジネス拡大を目指しAWS採用 インフラおよび運営コストを25%削減
海外の最新現地情報をオンラインで無料閲覧可能に インテージがグローバルビジネス情報サイトを開発
バルクオム、約15億円の資金調達 国内マーケティング強化およびグローバル展開推進による事業拡大を加速
マクロミル、役員人事の内定を発表 新グローバルCEOに現副社長 日本代表の佐々木徹氏が内定

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング