SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

バルクオム事例に学ぶ、TikTokでCVを獲得する秘訣

 TikTokをはじめ、BuzzVideoやPangleに出稿できる運用型広告配信プラットフォーム「TikTok For Business」。アプリ案件での活用が多く見られてきた同プラットフォームだが、EC案件での利用シーンが拡大している。メンズスキンケアブランド「BULK HOMME」を展開するバルクオムでは新規顧客獲得を目的に活用。成果を上げることに成功しているという。今年2月にはShopifyとTikTokの提携が発表され、「TikTok For Business」のEC利用拡大が予想される。本記事では、同社の担当である菊池氏にTikTok For Business活用の背景や秘訣を聞いた。

一度撤退も、インハウスで再度挑戦

MarkeZine編集部(以下、MZ):バルクオムでは、TikTok For Businessを新規顧客獲得に利用していると聞いています。その背景について教えてください。

株式会社バルクオム Domestic SBU Digital Marketing Division 菊池 魁氏

菊池:以前は、広告代理店経由でTikTokに出稿しておりましたが、その時は運用がうまくいかず撤退しました。そこで今回、広告運用のインハウス化を進める中で、新たに挑戦できるプラットフォームはないかと探していたところ、セルフサーブ型の「TikTok For Business」がリリースされたことを知りました。

 セルフサーブ型であれば、自社でナレッジを貯めることができる上に、広告代理店経由の場合と比べ、施策の実行速度や目標CPA、予算などを調整しやすくなります。その上、TikTokのユーザー規模もどんどん拡大しており、広告配信プラットフォームとしてもアップデートを重ねて進化していたため、改めて新規顧客獲得を目的にTikTokにチャレンジすることを決めました。

他プラットフォームの知見を活かし、配信を最適化

MZ:今回はどのような配信設計を行っていたのでしょうか。

菊池:18歳以上の男性にターゲティングをし、夜の時間帯に配信を行いました。また、一度LPに来たことのある方は除外するなど、適宜調整しながら配信を最適化していきました。

MZ:一度LPに来た方を除外するのはなぜでしょうか。

菊池:今回の配信では無料サンプルをお配りするオファーを行っていたので、「初回接触の時点で無料サンプルに応募しなかった場合、2回目以降も確度が高くないのでは?」という仮説を持っていました。他の広告プラットフォームでも、同じ設計で上手くいっていたこともあり、TikTok For Businessでも同様の配信設計にしました。

MZ:他の広告プラットフォームでの知見を活かすというのは、インハウスならではのメリットですね。

次のページ
TikTokのクリエイティブで大事なこととは?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/05/14 11:40 https://markezine.jp/article/detail/35827

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング