SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Twitterプロモーションの最新動向を追う(PR)

既存~新規の接点をTwitterで創出!アークナイツが#クリスマスボックスに成功した理由

フォロワー数が5万増加、売上などにも効果あり

MZ:今回の#クリスマスボックスによる成果を教えてください。

實川:フォロワー数に関しては、約5万人増えました。他にも、アプリの売上や告知していた1周年イベントのライブ配信の同時接続数にも良い影響を与えたと考えています。そして、アークナイツに対する話題数の増加も見えたので、熱量の増加につなげることができました。数字的にも感覚的にも成果が得られたと感じています。

MZ:実施後のフォロワー数の推移はいかがでしょうか。キャンペーンが終わったら離れてしまう方もいるかと思ったのですが。

實川:キャンペーン後もフォロワー数が減ることはなく、継続してフォロワー数は伸びています。

MZ:今回の施策を通じて、どのような知見・学びが得られましたか。

實川:プレゼントやクリエイティブを意図的に変えたことで、反応が良かったのが非常に大きな学びでした。Web広告でもクリエイティブが摩耗してCTRが下がることがあると思いますが、#クリスマスボックスでも同様のことが起きるのだと思います。通常の広告とは違うので意識しにくい部分ではありますが、長いキャンペーン期間でも高いエンゲージメントを保つためにも、クリエイティブやプレゼントを定期的に変えることも重要だと感じました。

今後も新しい機能や広告商品にチャレンジ

MZ:最後に今後の展望をお願いします。

實川:#クリスマスボックスに関しては、今後も取り組んでいきたいと思っています。今回は周年イベントの盛り上げも含めて上手くいったので、来年以降も上手くストーリーを作っていきたいです。

 また、Twitterは注力媒体の1つなので、今後もユーザー向けのコミュニケーションやコンテンツ制作を強化していきたいと考えています。そして、フォロワーの皆さんにフォローし続けてもらう価値を作り続けるためにも、Twitterの新しい機能や広告商品を積極的に試していきたいです。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
Twitterプロモーションの最新動向を追う連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/08/19 11:00 https://markezine.jp/article/detail/36248

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング