SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

消費者の約6割が「倫理上の理由」をブランド乗り換えの根拠に 自身との相性を重視/チーターデジタル調査

 チーターデジタルは、消費者のブランドロイヤルティやデータプライバシーに関するグローバル意識調査「デジタル消費者トレンド調査レポート2021」を発表した。

 本調査は、日本を含む6か国、5,065名を対象に実施された。レポートでは、「消費者がブランドに期待すること」「好んで利用するチャネル」「パーソナライズされた体験のお返しとして進んで開示するデータ」など、デジタル化の拡大によって変化を見せる消費者のインサイトを提供している。

倫理上の理由がブランド乗り換えの根拠に

 58%の消費者がブランドによるサステナビリティへの取り組みなど、倫理上の理由(環境、企業、政治的価値)から「お気に入りのブランド」を乗り換えていると回答した。

自身のスタイルとの相性を重視する日本の消費者

 買い物をする時の気持ちとして「私のスタイルに合った商品でなくてはならない」と回答した消費者は46%という結果に。日本の消費者は他国の消費者と違って、自身のスタイルに合ったブランドからの購入を好む傾向が強いほか、商品やサービスの価格の安さがブランドへのロイヤルティを感じる要因になり難いという結果も明らかになった。

ブランドのデータプライバシーへの責任感がロイヤルティに影響

 27%のグローバル消費者が「責任を持ってデータを取り扱うブランドにロイヤルティを抱く」と回答。さらに、「信頼できるブランドにもっとたくさんのお金を払う用意がある」と回答した人の割合は64%だった。

【関連記事】
直近1年間にプレミアム食品・飲料を購入した人は5割強/頻度は7割強に変化なし【マイボイスコム調査】
コロナ禍でアクティブシニアのオンライン行動に進化【博報堂シニアビジネスフォース×趣味人倶楽部調査】
高校生・大学生男女、好きなアニメ作品のためにすることは「グッズ購入」が最多【テスティー調査】
行きたいファッションビル1位はルミネ/「一人でも入りやすい」を最も重視【スパコロ調査】
新型コロナで変わった暮らしと住まい5つのポイント【RoomClip住文化研究所調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング