SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CA、タレントYouTubeチャンネルを支援するマーケティングサービスの提供を開始

 サイバーエージェントは、芸能人・有名人のSNSプラットフォーム上での活躍を支援する「おもしろ企画センター」において、独自のYouTubeマーケティングダッシュボード「Talent Insight Report(タレント インサイト レポート)」を開発。同ダッシュボードを用い、タレントのYouTubeチャンネルの成長促進を支援するサービスの提供を開始した。

 同マーケティング支援により以下のような効果を見込んでいる。

1.新規チャンネル開設後、視聴再生回数・登録者数が伸長。

2.通常投稿と比べ視聴再生回数が急激に伸びる動画が再生された場合、直後にエンゲージメントが下がりやすい傾向にあるため、それを見越した先手のマーケティング施策を展開した。一時的な下降は見られたものの初期開設時よりも、視聴再生回数・登録者数が伸長。

3.タレント自身でチャンネル開設以降、登録者数が伸び悩んでいたが、マーケティング施策を導入し登録者数が伸長。

チャンネル成長のイメージ図

チャンネル成長のイメージ図

 「Talent Insight Report」では、同社が手掛ける100以上のYouTubeチャンネルの配信実績データを横断的に可視化し、一元管理・分析を行う。同システムは、YouTubeが提供するダッシュボード「YouTubeStudio」にはない機能・分析観点で多角的にデータを比較するなど、同社で蓄積された独自の知見をシステムの機能に反映している。

 それにより実績の良い動画のノウハウからベストプラクティスを見出し、各チャンネルの最適な戦略やプランニングに活かし、タレントなどのYouTubeチャンネルの成長を支援していく。

【関連記事】
CA、3DCG・XRを使ったイベントテックサービス「FUTURE EVENT Basics」を開始
CA、小売企業のUI/UXデザインから開発・運用までを支援する「次世代ヘッドレス開発室」を設立
CA、GOと共同で新聞広告とTwitter広告を組み合わせた広告パッケージの提供を開始
CA、デジタルサイネージの広告運用最適化機能を開発 店舗サイネージ配信「ミライネージ」へ提供
CA、AIを活用し効果を予測しながら広告クリエイティブを撮影・制作する「極予測LED」を提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/05/28 13:30 https://markezine.jp/article/detail/36435

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング