SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

AI業務支援のアディッシュとAPTOが業務連携 教師データ生成支援サービスの効率化と品質向上へ

 アディッシュとAPTOは業務連携を行い、APTOが提供するアノテーションプラットフォーム「harBest」を活用したソリューションサービスの提供を開始した。

 アディッシュは、SNSの運用代行やチャットボットの開発運用を行う企業。2020年よりアノテーション(タグ付けによるAIの教師データ生成)業務の支援サービスも提供している。一方のAPTOは、品質の自動評価を行いながら複数人でアノテーション作業が行えるサブスクリプション型のプラットフォーム「harBest for Data」などを提供する企業だ。

 今回の業務連携で、アディッシュはアノテーション業務にAPTOのharBestシリーズを活用。これにより、支援サービスの効率化と品質の向上を目指す。

 なおアディッシュでは、アノテーション業務支援サービスを通じ、AIエンジンの学習データ構築だけでなく、企業のDX推進に向けたデータ整理も支援していく。

【関連記事】
rinnaとデジタルヒューマンが協業 顔・声・視聴覚を備え自由に会話するAIキャラクターの開発へ
デロイト トーマツ、AIに関する研究組織を設立 所長に森正弥氏が就任
京王グループ、AIで感性価値の創造・改善を支援するマーケティングソリューション提供
電通と電通グループ3社、企業ニーズに合わせたAIを提供するサービスを開発
AI導入支援のBizTech、「AI開発会社/AIサービスカオスマップ 2021」を公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/06/15 15:15 https://markezine.jp/article/detail/36565

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング