SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

リサーチデータで読み解く!最新Webマーケティング

【モバイルリサーチ】モバイル検索エンジンの利用者数は増加傾向


今回は、モバイルサイトの利用時間およびモバイル検索機能の利用頻度について調査しました。その結果年代ごとの差はあれど、利用時間・検索頻度ともに増加傾向にあることが判明しました。【バックナンバーはこちらから!】

調査概要/査結果サマリー

 Webマーケティングガイドでは、モバイルインターネット調査会社のネットエイジアと共同調査のもと、モバイル検索エンジンに関する調査を行った。前回の第7回モバイル検索エンジンに関する調査では、ドコモユーザーにGoogleモバイルが徐々に浸透しつつあるということやモバイル検索のキーワード数はPC検索とは異なる検索方法が見られることが分かった。今回の調査では、モバイルユーザーのインターネット利用時間やここ半年の間に携帯で検索する頻度に変化があったのかを調査した。

調査概要

  • 調査対象:15歳~49歳のモバイルユーザー345人
  • 男女比:均等割り付け
  • キャリア比:Docomo:47.0%、Ezweb:39.4%、Softbank:13.6%
  • 年齢比:10代:18.8%、20代:24.9%、30代:34.5%、40代:21.8%
  • 調査期間:2008年4月17日~2008年4月21日
  • 調査方法:モバイルリサーチ
  • 調査機関:ネットエイジア株式会社

調査結果サマリー

  • 1日30分以上モバイルインターネットを利用するユーザーは61.4%
  • 特に10代~30代のモバイルインターネット利用者の伸びが高まっている
  • モバイル検索エンジンの利用頻度が増えたユーザーは40%弱
  • 10代~40代全ての年代でモバイル検索エンジン利用は高まる傾向にある

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
Data1:モバイルインターネットの利用時間

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
リサーチデータで読み解く!最新Webマーケティング連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社セプテーニ(カブシキカイシャセプテーニ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/06/05 12:13 https://markezine.jp/article/detail/3677

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング