SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

顧客時間と振り返る「Adobe Summit 2021」ハイライト(PR)

企業に求められる「デジタルの民主化」/顧客時間・伴氏と振り返るAdobe Summit【後編】

現場で生まれるリアルなコンテンツが強み

 顧客の声を聞いて、それを実現する手法をPelotonは持っている。トレセダー氏が「Pelotonはテクノロジー企業であると同時にコンテンツ・メディア企業である」と言うように、リアルな健康・ウェルネスコンテンツを作ることができるのだ。

 台本などはないリアルな場において、優秀なインストラクターたちが毎日バイクやトレッド、マットの上でコミュニケーションを取りながら作り出す。このリアルなコンテンツこそが、ブランドメッセージをパワフルに発信できる差別化要素なのだ。

 ブルームバーグが2021年1月に掲載した記事では「More-senior instructors make upwards of $500,000 in total compensation.(Pelotonのシニアインストラクターの総報酬は50万ドルを超える)」と書かれており、驚くとともに納得もした(出典:Bloomberg Businessweek「Peloton Moves Into Breakaway Mode to Secure Its Sudden Dominance」)。デジタルは模倣困難性が高いものではないことを熟知しており、差別化となるコンテンツやそれを作れる人への投資を怠らないのだ。

マーケティングの中のデジタル活用へ

 トレセダー氏は「1st Partyは絶対に参加しなくちゃいけないパーティーよ」と冗談まじりに言ってから、次のように語った。

「1st Party データは、顧客との信頼関係を築き、安心して提供してもらう情報。その情報を基に付加価値となる体験を提供すれば、相互に有益な関係を築くことができる。従来のデジタル広告は顧客の生活の邪魔をしていた。顧客と生活に割り込むのでなく、会話する必要がある」

 これら3つの先進的な事例は、DX・CX・EXが互いに切り離せない存在だと明らかにしている。Cookieless時代の到来とは関係なく、「デジタルマーケティング」を捨て、「マーケティングの中のデジタル活用」に全社一丸となって向かわなければいけないということであろう。

 Adobeは「Adobe Experience Cloud」を提供することで、その実現方法を示してくれた。「コンテンツ&コマース」「データインサイト&オーディエンス(顧客理解やCDP)」「カスタマージャーニー(コミュニケーションの実行)」「ワークフローの連携」に、システムの導入が欠かせないのは事実である。企業はシステムを活用した上で、差別化要素となる自社の強みとして「顧客とのつながりや従業員の役割」を考え直す必要があるのだ。

Adobe Experience Cloudの概要図
Adobe Experience Cloudの概要図

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
顧客時間と振り返る「Adobe Summit 2021」ハイライト連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

伴 大二郎(バン ダイジロウ)

株式会社ヤプリ エグゼクティブスペシャリスト/株式会社顧客時間 プロジェクトマネージャー小売業界においてCRMの重要性に着目。一貫してデータ活用の戦略立案やサービス開発に従事した後、2011年にオプト入社。 マーケティングコンサルタントを経て、 2015年よりマーケティング事業部部長として事業拡大...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/08/20 10:00 https://markezine.jp/article/detail/36833

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング