SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

大手IT企業からレガシー業界へ!異業種経験とテクノロジーで切り開く「RENOSY」の未来

 デジタルシフトが進み、あらゆる業界にDXの波が押し寄せている。そんな中、GA technologiesの木原宏樹氏は大手IT企業からレガシー業界にキャリアチェンジしたという。今回は、木原氏に同社の取り組みや自身のキャリアについて伺い、インタビューを通してディレクターの新たな可能性を探っていく。

徹底したオンライン化とデジタル化で不動産業界のDX化を実現する

――現職ではどのような業務やミッションを担っていらっしゃるのでしょうか。

木原:現在は、不動産テック総合サービス「RENOSY(リノシー)」の企画とマーケ部門の責任者として組織をまとめながら「住まい探しと資産運用を、もっとカンタンに。」のサービスミッションを実現すべく事業推進役を担っています。

株式会社GA technologies <br /> Product Planning Division 木原宏樹氏

株式会社GA technologies
Product Planning Division シニアマネージャー 木原 宏樹氏

 2005年に株式会社ライブドアに入社。事業企画組織でアドテクノロジーを軸としたメディアのマネタイズ事業に従事。その後、経営統合を経て2013年LINE株式会社へ入社。LINEの広告商品企画を経験しつつ、企画責任者の立場で運用型広告プラットフォーム「LINE Ads Platform(現在はLINE広告)」事業の立ち上げ、並びにオーディエンスネットワーク事業の拡大を経験。

 2020年にGA technologiesへ入社し、現在はプロダクト、マーケティングを軸にRENOSY事業を推進している。

――もう少し「RENOSY」の具体的なサービス内容を教えてください。直近で注力している取り組みはありますか。

木原:RENOSYは「借りる」「買う」「売る」「貸す」「投資する」といった住まいにまつわる領域を包括したサービスブランドで、リアルとテクノロジー両方の接点をもたせています。たとえば「借りる」で言うと物件を探すためのポータルサイト、問い合わせをいただいた後の接客、ご契約いただいた後のアフターフォローなど一気通貫の体験の中でテクノロジーの側面とリアルの側面を提供しています。

 足元の取り組みで言いますと、我々のチームでは徹底したオンライン化とデジタル化を進めています。不動産投資をご利用いただくお客様には面談の予約から契約手続き、契約後のアフターフォローまであらゆる接点をオンライン化しています。お客様がわざわざ日程を確認し、必要な書類は何だったのか? いつまでにそれが必要なのか? 提出したのか、してないのか。そういった煩わしさやストレスをテクノロジーで解決していきたいと考えています。

木原:また我々が取り組んでいるのは何も不動産投資商材に限りません。実需向けのサービスに対してもお客様がもつ居住用または投資用物件の相場やニーズを把握できる機能の提供などを通じてオンライン化を進めています。

思うようにテクノロジー化が進まない不動産業界ならではの風習

――不動産業界にはどういった課題があるのでしょうか?

木原:不動産業界はいまだに紙、電話、FAXが当たり前なアナログな世界で、お客様もそれを受け入れるしかない状況です。そしてアナログなやり取りが不便だとわかっていてもなかなか改善が進まない。私はその原因の1つに「不動産体験の少なさ」があると考えています。

 私は40年の人生で賃貸、購入、売却、投資など含めて概ね不動産体験は10回ほどですが一般的にはもっと少ないと思います。加えて不動産売買のプロセスはとても複雑です。まず、提出書類がかなり多い。ハウスメーカー、仲介会社、金融機関など登場人物が多く、同じような書類を各方面に何度も送らないといけませんし、不備があれば郵送でやり直しなんてこともあります。

木原:最近自宅を購入した時に驚いたのは「数百万円の手付金を現金で手渡し」したことです(笑)

 一番の問題点はプロセスに疑問があっても、「面倒だけどここを乗りきれば大丈夫」「まいっか」という心理が働いてしまうことです。なので、誰も改善しない。そして数年後に住み替えが発生する時に同じようなことが起きる。この「まいっか」が不動産体験を遅らせる負のサイクルの根源だと思っています。

 我々はこうした課題に真っ向から向き合い、より良いプロダクトとサービスを提供することでこの負のサイクルを断ち切ろうと考えているのです。

次のページ
異業種×自分の経験=新しい化学反応を起こす

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

畑中 杏樹(ハタナカ アズキ)

フリーランスライター。広告・マーケティング系出版社の雑誌編集を経てフリーランスに。デジタルマーケティング、広告宣伝、SP分野を中心にWebや雑誌で執筆中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/09/29 11:30 https://markezine.jp/article/detail/36884

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング