SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZine Day 2021 Autumn(PR)

多様なユーザー行動を捉え広告配信を最適化!パソナテックのAdobe Marketo Engage活用

事業成長のための次なる施策は?

 課題だったミスマッチを改善し、高いマッチング率を実現して、ユーザーにも求人を出す企業にも大きく貢献したパソナテック。

 「時代が変化しても、マーケティング活動で実現したい本質に変わりはないと思います。ですが、ユーザー行動が多様化すれば広告別にユーザーの反応は異なります。したがって、それを踏まえた広告の役割やメディアプランの見直しは不可欠です。また、数値データも単に高い低いで判断せず、何が起きているのかをデータから正しく理解することが大切だと実感しました。ユーザー理解と行動体験の最適化が、事業成長につながると考えています」(藤川氏)

 Adobe Marketo Engageを最大限に活かした一連の取り組みを踏まえて、さらに取り組みたいこととして、藤川氏は「既存会員のナーチャリング」と「オウンドメディア×Adobe Marketo Engageの連動によるエンゲージメント向上」を挙げる。

講演資料よりクリック/タップで画像拡大
講演資料より
クリック/タップで画像拡大

多種多様なシナリオ展開で、顧客の成長を後押しするAdobe Marketo Engage

 ゴールをしっかり見定め、またチャレンジ精神をもってユーザーとクライアントに貢献したパソナテックの事例に続いて、アドビの虻川氏から改めて「Adobe Marketo Engage」の優位性が紹介された。同社は今年新たに「心、おどる、デジタル」というビジョンを打ち出し、デジタルテクノロジーによる事業支援を一層強化している。

 同ツールは、リード獲得から受注、またLTV最大化といったプロセス全体の進行を加速し、売上の向上を実現する。現在、グローバルで約5,000社の顧客を有し、550以上のテクノロジーベンダーと連携したエコシステムを形成。虻川氏は、パソナテックの取り組みを踏まえ、マーケティング費用対効果を高める上で役立つ特徴を次の3つのポイントにまとめる。

 「ひとつは藤川様のお話にあったように、同じページのCVでも流入経路を明確にできることです。これにより、精度の高い施策の実施が可能になります。次に、他のツールを通して得られるデータも含めて蓄積し、施策やコミュニケーションに柔軟に反映できる、企業固有の『カスタムフィールド』を設定できることです。3つ目は、顧客情報を一元管理して、最適なタイミングで最適な情報を届けられることです」(虻川氏)

 これらを前提に、多種多様なシナリオを自動で走らせることができるのが、Adobe Marketo Engageが事業成長に貢献する大きな理由だ。たとえば収益サイクル全体のトレンドを把握し、ボトルネックを解消するシナリオ、中長期的なナーチャリングのシナリオなどを柔軟に展開するほか、営業との連携や各種レポーティング機能も効果的に使われている。

 アドビでは、ほかにも多数の事例をサイトで紹介。これらも参考に、激変するユーザー行動をつぶさに捉え、確実な事業成長を実現する道を検討してはいかがだろうか。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZine Day 2021 Autumn連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

高島 知子(タカシマ トモコ)

 フリー編集者・ライター。主にビジネス系で活動(仕事をWEBにまとめています、詳細はこちらから)。関心領域は企業のコミュニケーション活動、個人の働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/10/14 11:00 https://markezine.jp/article/detail/37316

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング