SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

定期誌『MarkeZine』人を育てる。組織を育てる。

マーケターの絶対数が不足しているBtoB業界、人材育成・組織強化のために今できること

 マーケティング業界でも深刻な問題となっている人材不足とどう向き合い、どこに解決の糸口を見つけるか? 今月号よりスタートする新連載『人を育てる。組織を育てる。』では、人材不足・組織強化に対する各社リーダーの取り組みを聞いていく。第1回目は、特別回としてシンフォニーマーケティング代表取締役の庭山一郎氏に登場いただいた。1990年に同社を設立してから、31年にわたりBtoBマーケティングの業界でビジネスを率いてきた同氏は、そもそもBtoBマーケターは絶対数が不足している状況であると言う。人材育成・組織強化のために今からできることは何か、話を聞いてみよう。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

※本記事は、2021年9月25日刊行の定期誌『MarkeZine』69号に掲載したものです。

BtoBマーケティング業界の人材不足をどう見ていますか?

シンフォニーマーケティング株式会社 代表取締役 庭山 一郎氏
1990年にシンフォニーマーケティングを設立。 1997年よりBtoBにフォーカスした日本初のマーケティングアウトソーシング事業を開始。海外の ベンダーやエージェンシーとの交流も深く、長年にわたって世界最先端のマーケティングを日本に紹介している。

 近年、マーケティングの位置づけがより企業経営のコアのほうに移ってきています。マーケティングがしっかり機能しないと経営戦略の実現はできないので、これはとても良いことですね。

 この変化を受けて、マーケターに求められるスキルも変化してきています。以前は、展示会のブースを仕切れる、SEOのことがわかるなど偏った専門性だけでなんとかやってこられた部分もありましたが、今は経営戦略を理解した上でマーケティング戦略の全体を見なければいけません。また、マーケティングが企業経営のコアになるということは、より多くの他部門の人たちとの柔軟な連携が求められるということにもなります。中でも、売り上げを作るという意味で、営業や販売代理店など販売の現場にいる人たちとの良好なコミュニケーションは欠かせません。

 これまで求められていなかったスキルセットを急に強く求められるようになったことで、多くのBtoBマーケティングの現場で混乱が起きているのではないかと思います。

 そして、約10年前のリーマンショックが起きるまで、日本のBtoB企業ではマーケティング自体へのニーズがありませんでした。マーケティング関連の書籍はBtoCのものがほとんどで、学ぶための環境も資料もない。そもそもニーズがなかった状態がこの10年でひっくり返ったので、BtoBマーケティングをちゃんとわかっている人材、ドライブできる人材の絶対数が足りていないのです。人材不足の原因はここにあります。

この記事の続きはMarkeZineプレミアム会員になるとお読みいただけます。
詳細はこちら
プレミアム記事を毎月1冊にまとめてお届けする定期誌『MarkeZine』年間購読サービスもございます。
詳細はこちら

次のページ
マーケター育成で重要なポイントは?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
定期誌『MarkeZine』人を育てる。組織を育てる。連載記事一覧
この記事の著者

松崎 美紗子(編集部)(マツザキ ミサコ)

1995年生まれ。早稲田大学商学部を卒業後、新卒で翔泳社に入社。新入社員として、日々奮闘中です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/09/28 09:30 https://markezine.jp/article/detail/37324

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング