SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究

自社がデジタルとフィジカルで提供できる価値はどう探る?ユーザー視点で捉えるリテール体験フレームワーク


 コロナ禍によって消費者はキャッシュレス決済やモバイルオーダーなど新しい生活様式に慣れ始めています。企業にはリアルとデジタルでの一貫した買い物体験の提供が日々求められています。では、具体的にどのような施策を実施していくべきでしょうか?本稿では、諸課題を解決するヒントとして「ユーザー視点でリテール(買い物)体験を考えるフレームワーク」を提供します。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

仙崎 萌絵(センザキ モエ)

 ネットイヤーグループ株式会社 /HCD-Net認定 人間中心設計スペシャリスト  UXデザイナーとして、デジタルマーケティング支援において様々な企業のウェブサイト・サービスにおけるUX/情報設計やユーザビリティ評価に携わる。2020年7月から「デジタル&フィジカルデザイン部」に参画し、デジタルと...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/10/25 18:07 https://markezine.jp/article/detail/37351

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング