SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第73号(2022年1月号)
特集「2022年の消費者インサイト」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

いまデジタルマーケターに必要な「正しい知識」と「客観的かつ冷静な視点」

コンテクスチュアル広告導入ガイド~KPI設定から効果最大化のポイントまで基本を解説~

 コンテクスチュアル広告のソリューションを提供する、米国のAI企業GumGum(ガムガム)の日本代表を務める若栗直和氏による本連載。過去2回では、Cookieレス時代が迫り混沌としている状況を整理した上で、コンテクスチュアル広告がいかに活用できるかを解説していただきました。3回目となる本稿では、いよいよコンテクスチュアル広告の導入フェーズに入ります。KPIとして取り入れられる指標や効果検証のポイント、効果を最大化するためのポイントなどを、コンテクスチュアル広告初心者の方でもわかりやすく理解できる内容となっています。

前回のおさらい&今回のテーマ

 “Cookieレス祭りに惑わされない”と銘打って、事業者都合ではない、客観的な知識の提供を目指す本連載も今回で3回目となりました。おかげさまで多くの皆さんに読んでいただいているようで、とても嬉しく思います。連載後半では、コンテクスチュアル広告の成功例・失敗例なども交えつつ、さらに実践的な情報をお伝えしていきますので、引き続きお付き合いいただけますと幸いです。

 さて、今回はコンテクスチュアル広告の評価や運用についての視点を整理し、皆さんが実際に導入を考える際に気を付けるべきチェックポイントを解説したいと思います。前回は、コンテクスチュアル広告にも複数の選択肢があることに加え、ユーザーにとって良好な広告体験をつくることの必要性、追跡型の代替手段として見ることの危険性についてお話ししましたが、これらをもう少し具体的に掘り下げて見ていきましょう。

従来のデジタル広告とは、効果検証のポイントが異なる

 まず前提として、広告を含むマーケティング活動は企業にとって大きな投資になりますので、使った費用が納得できる効果に結びついているかを検証することは当然ながら必要です。Cookieレス時代であってもこの点は変わらず、広告効果の検証を正しく行うことは極めて重要なことです。

 コンテクスチュアル広告については、この効果検証面が確立されておらず、今後の課題であると前回お伝えしましたが、評価のポイントとなる軸や評価方法は明確に存在します。ここで重要なのは、オーディエンスデータや行動履歴を使ったターゲティングにおいて従来そこまで意識されてこなかった部分を、コンテクスチュアル広告では大きく重視する必要があるということです。

 前回お伝えしたように、コンテクスチュアル広告は従来のcookieターゲティングの代替ではなく、“広告が最適な環境で配信されることで、広告を見たユーザーに良好な印象を持ってもらう”という、これまで意識されづらかった効果に強みを持つ手法ですので、この点をしっかりと評価することがポイントとなります。

 次のページで、特に注視すべきだと私が考えるポイントを3つご紹介します。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
コンテクスチュアル広告の効果検証で注視すべき3つのポイント

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
いまデジタルマーケターに必要な「正しい知識」と「客観的かつ冷静な視点」連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

若栗 直和(ワカグリ ナオカズ)

広告とブランディングを専門として20年以上にわたり活動。2000~2017年の間、広告会社オグルヴィ(Ogilvy)で東京・香港・上海・シンガポール・台湾などを拠点に活動。アジア・グローバル向けのブランド戦略・クリエイティブ開発・施策立案に従事。2018年よりGumGumの日本代表として国内事業の統...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/11/08 07:00 https://markezine.jp/article/detail/37687

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング