SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第73号(2022年1月号)
特集「2022年の消費者インサイト」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

大和、パーソナライズド動画配信SaaSサービス「BLUERUSH」の提供を開始

 文書管理ソリューションの提供などを行う大和は、カナダのBlueRushと総代理店契約を締結。同社のパーソナライズド動画SaaSサービス「BLUERUSH」の販売を開始した。

 同サービスは顧客一人一人に合わせて内容の変わる動画を届けることのできるパーソナライズド動画SaaSだ。ユーザーに合わせた動画内容のカスタマイズが可能なため、高い訴求力を持ったコンテンツを届けることができ、製品説明、販売促進など様々なシーンで活用できる。

 具体的には以下の7つの点が特徴だ。

 1.インタラクティブとパーソナライズ
BLUERUSHの提供するパーソナライズド動画では、動画の途中でボタンやスライダーを選択させ、ユーザーの入力に従って動画の内容を変更できる。同機能によりユーザーと相互での情報交換、インタラクティブなやり取りが可能になる。

 2.スケーラビリティ(拡張性)
動画再生時にスマートフォンなどの顧客のデバイス上でレンダリングを行うため、同サービスではユーザー数の増加によるサーバ増強が不要で、拡張性に優れている。

 3.GDPR対応・顧客データのセキュリティ
パーソナライズド動画は、個人情報を含むケースが少なくない。BLUERUSHではGDPR(EU一般データ保護規制)に準拠。また独自の技術により、顧客の個人情報をBLUERUSH側に送信することなく、パーソナライズされた動画を作成することができる。

 4.アクセシビリティ
BLUERUSHは、情報アクセシビリティの法令に準拠する高い基準のコンプライアンスを満たす機能である、聴覚障害者のためのクローズドキャプションや視覚障害者のためのトランスクリプション(音声を文章化する)ファイルが組み込まれている。

 5.強力な分析と顧客学習・ROIの可視化
高度なリアルタイム分析により、顧客エンゲージメント、コンバージョン、インタラクティブ性、ROIに関する詳細な指標を提供することが可能だ。

 6.APIによるシステム連携
ウェブサイト、eメール、モバイルアプリ、SMS/Chatなど現在お使いの様々なシステムとデータ連携ができる。

 7.動画の作成・編集を企業自身で
Adobeの提供する「Adobe After Effects」とシームレスに統合されているBLUERUSHは、企業が希望の場合はAfter Effectsを使ってインタラクティブなパーソナライズド動画を企業自身で作成することもできる。

【関連記事】
アドビとDNP、パーソナライズドコンテンツ制作の業務効率化を支援するサービス開発で協業
テモナとSparty、EC事業者向けにパーソナライズドD2Cソリューションを提供
ABEMA、広告配信システムを一新 リニア放送におけるパーソナライズド配信が可能に
Reproとシルバーエッグ・テクノロジーが連携し、「coen」にパーソナライズドマーケティングを提供
「NewsPicks」がReproを導入 パーソナライズドマーケティングをスピーディーに実現へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/11/30 17:15 https://markezine.jp/article/detail/37867

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング