SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

コーセー、自社ECサイト内での動画コマースを強化 社内のデジタルアセットを幅広く展開

 コーセーは、同社が運営する公式ECサイトにおいて、「visumo」の動画コマース機能を活用したコンテンツをリリースした。

 同社の公式ECサイトでは、店舗スタッフが行っているIGTVなどのライブショッピング動画をECサイトでアーカイブ配信。Instagram以外にも動画を掲載することで、より幅広いユーザーへ動画コンテンツを届けることができる。

 動画は30分ほどの長尺だが、気になるアイテムが紹介されている秒数までスキップ再生ができるvisumoの目次・チャプター機能により、ユーザーに無駄のない視聴体験の提供を可能にした。

 また商品を購入する場合は、同じ画面内に表示されている商品画像をクリックすると、該当の商品ページへ遷移することができる。

 加えてピクチャーinピクチャー機能により、動画を見ながらの購入体験を実現。ユーザーは好きな時に動画に戻り、続きから動画を視聴することができる。

動画を見ながら、商品ページも同時に確認

 商品ページでは「特徴」のメニュー内に、広告やCMなどで使用しているイメージムービーを掲載。社内でもっているデジタルアセットを活用することで、商品ページのコンテンツを充実させた。

 動画は、パレットの色をどのように重ねていくかといったHOW TOや、肌にのせた際の質感、発色などが確認できるコンテンツとなっている。

社内でもっているデジタルアセットを商品ページで展開

【関連記事】
コーセー、新作アイパレットの色味や質感をTikTokで体験できるブランドエフェクトを開発
コーセーと花王が協働 化粧品事業のサステナビリティ領域で環境保全や啓発活動に取り組む
コーセー、Instagram版SEO分析ツール「AISIGHT(アイサイト)」を導入
コーセー、ecbeingをオンラインサイト「Maison KOSÉ」の統合基盤として導入
菊正宗ネットショップが「visumo social curator」を導入 UGCでサイトを強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/12/16 10:15 https://markezine.jp/article/detail/37972

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング