SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Instagramで「#SDGs」の投稿数が急増/エンゲージメントは前年比の2倍に【テテマーチ調査】

 テテマーチが運営する研究チーム「サキダチラボ」は、2021年に企業がInstagramから発信したハッシュタグに基づき注目ワードの分析を行った。

投稿数が急上昇した「SDGs」「ヴィ―ガン」

 ハッシュタグを使用したSDGs関連の投稿数は前年比約197%、いいねやコメント、保存といったエンゲージメントの合計総数(生活者が投稿に対して関心を示した数)は、前年比約222%となった。

 「サステナブル」に関するハッシュタグは計11個。ハッシュタグを使用した投稿数は3,000以上で、エンゲージメントの合計総数も8,000,000以上と高い注目を集めた。

 2021年は「ヴィーガン」に関する投稿が2020年に比べ大きく増加。ハッシュタグを使用した投稿数は前年比約140%、エンゲージメントの合計総数は前年比約178%を示したほか、「#ヴィーガン料理」や「#ビーガンコスメ」などの派生キーワードも多く見られた。

「マリトッツォ」「渡韓ごっこ」はZ世代から話題に

 「マリトッツォ」は2021年1月ごろからZ世代の間で話題となり、SNS投稿が増加。その後メディアでも多数紹介され、幅広い世代で話題を生んだ。エンゲージメント数は2021年3月に約36,000、2021年10月に約44,000を示した。

 「渡韓ごっこ」とは、韓国への旅行気分を近場で味わう行動のこと。昼は新大久保を散策し、夜は友人同士でパジャマをおそろいにした「双子コーデ」を楽しむなど、韓国の若者のムーブメントを取り入れたZ世代がその模様をSNSにアップしていた。

【調査概要】
期間:2021年1月1日(金)~2021年11月8日(月)
方法:Instagramビジネスアカウントのインサイトデータ管理・分析ツール「SINIS」により、2021年に作成されたワードや急上昇したワードを10,000個抽出。その中からサキダチラボチームが注目ワードをピックアップし分析

【関連記事】
消費者の多くが実生活を描いた広告を重視/最も信頼度が低かったのは煙草ブランドの広告【ニールセン調査】
検索数が最も急上昇した人物は?/大谷翔平選手が大賞とアスリート部門賞をダブルで受賞【ヤフー調査】
普段の生活を幸せだと思う人は約6割/幸福の阻害要因トップは「将来への不安」【朝日広告社調査】
11月のテレビCM放送回数1位は「NURO光」/エリア別では地元企業が躍進【ゼータ・ブリッジ調査】
販売金額が前年から最も伸長したのは「オートミール」/「酔い止め」などが回復傾向に【インテージ調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/12/16 17:30 https://markezine.jp/article/detail/37983

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング