SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

TVer等、自ら広告配信を設計・運用が可能に!UltraImpressionが届ける「UIAM」とは

 各テレビ局を横断して見逃し配信を楽しめる「TVer」の存在感が増している。そんな中、テレビ朝日が中心となって立ち上げたUltraImpressionは2021年、TVerをベースとするTVerPMPや、テレビ朝日のコンテンツにセルフサーブで広告配信ができる広告会社向けサービス「UltraImpression Ad Manager(UIAM)」の提供を開始した。プレミアムコンテンツの中で、ブランディング効果の高い広告出稿ができる民放キャッチアップへの問い合わせは、地方の企業・広告会社からも相次いでいる。同社のキーパーソン3名に、キャッチアップ広告の利点とUIAMでできることを聞いた。

セルフサーブで広告配信の設計と運用ができるプラットフォームを提供

MarkeZine編集部(以下、MZ):2019年5月に設立されたUltraImpressionは、テレビ朝日を中心にSupershipホールディングス、サイバーエージェント、電通、博報堂DYメディアパートナーズの計5社による動画広告配信プラットフォーム会社として注目を集めました。今回、新たにセルフサーブで広告配信の設計と運用ができるプラットフォームの提供を開始されたことを機に、テレビコンテンツへの広告配信で今どのようなことが起きているのかをうかがいます。

 まず、お三方の経歴を教えてください。

山田:私はテレビ朝日の出身で、番組制作やテレビCMのセールスを担当してきました。AbemaTVに出向し、デジタル広告のセールスに携わっていた時期もあります。現在、UltraImpressionに出向してセールスを担当し、どのようにデジタル領域での売上を高めるかに日々取り組んでいます。

木村:私もテレビ朝日からABEMA Newsを経て当社に参画しています。ABEMA Newsでは主にメディアのシステム構築や番組制作の技術領域を担当し、現在はUltraImpressionのテクノロジー全般を統括しています。

馬淵:私はSupershipからUltraImpressionに出向しています。UltraImpressionではクライアントへのアドネットワーク導入支援に携わり、現在は広告運用の効率的な収益化や、アドマネージャーのサービスの改善などを担当しています。

画像:UltraImpression Ad Manager

2016年から右肩上がりで「TVer」の視聴が広がる

MZ:UltraImpressionが設立して2年半ほどになりますが、その間にも民放キャッチアップ、TVerなどでテレビコンテンツを視聴するスタイルは大きく広がりました。この状況をどうご覧になっていますか?

山田:コンテンツ提供側の視点では、生活者の間に「好きなときに好きなコンテンツを視聴する」スタイルがより一般的になってきているのではないかと感じています。ネット領域ではテレビ局発以外の動画コンテンツも多く配信などがされていますが、長年番組を作り続けてきたテレビ局のコンテンツへの需要と信頼も感じています。

 ネット発で質の高いコンテンツもどんどん増えているので、しっかりトレンドを押さえて、コンテンツを視聴者のみなさまに楽しんでいただくためのアプローチが必要とも強く感じています。

UltraImpression プラットフォームビジネスセンター リーダー 山田有紀氏

山田:生活者側の視点では、スマートフォンで動画コンテンツを観るだけでなく、この1~2年ではネット結線率も高まり、コネクテッドテレビの利用率も高まってきています。

 具体的には、TVerですと2021年10月に月間動画再生数が2億回を超え、前年の約2倍となりました。このように、テレビコンテンツの視聴方法にも選択肢が増え、普及していっています。

次のページ
ネット領域にいける、民放キャッチアップと広告の強み

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

高島 知子(タカシマ トモコ)

 フリー編集者・ライター。主にビジネス系で活動(仕事をWEBにまとめています、詳細はこちらから)。関心領域は企業のコミュニケーション活動、個人の働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/03/04 14:22 https://markezine.jp/article/detail/38066

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング