SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

『ファン』のインサイトをいかに捉えるか~企業とIP、ファンの関係を考える~

「一緒にフィギュアスケートを盛り上げたい!」強火担・ミズノが手がけるファンがときめくコラボとは?


日本スケート連盟のオフィシャルサプライヤーを務めるミズノは、「日本のスケートを盛り上げたい」の思いのもと、同社のブランドアンバサダーでフィギュアスケート日本代表の宇野昌磨選手やフィギュアスケートをテーマにしたアニメとのコラボレーションを展開している。コラボは、ファンとミズノとの強いリレーションを作るきっかけになっただけでなく、顧客層の広がりにも貢献しているという。ファンの心に残るコラボの設計について、ミズノのコンペティションスポーツ事業部マーケティング部の井口礼菜氏にうかがった。

野球、サッカーに次いでファンが多いフィギュアスケート

MarkeZine編集部(以下、MZ):ミズノでは、サプライヤー契約を結ぶ国内の冬季競技連盟・協会・選手に提供する2022年シーズンの日本代表ウエアを発表され、同時にTVアニメ「ユーリ!!! on ICE」(以下ユーリ!!!)とのコラボレーションを展開しています。まずは、企画の背景をお聞かせください。

井口:ミズノは、1983年より日本スケート連盟とオフシャルサプライヤー契約を結び、その一環として、スケート競技(※1)の日本代表選手が国際大会で着用するオフィシャルウエアを毎シーズン製作しています。また、フィギュアスケートは野球、サッカーに次いでファン人口が多いと言われており、ビジネスの面でもフィギュアファンへ向けた取り組みは非常に重要です。

 ユーリ!!!は、2016年に放送された男子フィギュアスケートを題材としたテレビアニメーションです。主人公・勝生勇利選手もフィギュアスケートの日本代表という設定であることから、2017-18年のシーズンに初めてコラボレーションをしました。

※1:フィギュアスケート・スピードスケート・ショートトラック

MZ:ユーリ!!!とは4年ぶりの取り組みですね。詳しいコラボレーションの内容を教えてください。

井口:#もしも勝生勇利選手が代表ウエアを着たらのテーマのもと、「ミズノが勝生選手にご提案する、2021-22勝生勇利モデル、応援アイテム」として、“勝生勇利”のネームタグが付いた代表ウエアのほか、コラボ用に企画した長袖シャツ、手袋、タオルのアイテムを、完全受注生産でオンライン販売をしました。

 また、アニメの製作委員会に依頼し、代表ウエアを着た描き下ろしイラストを作成いただき、コラボビジュアルとして公開しています。イラストの背景も、2021-2022シーズン日本代表の選考会が開催された会場に寄せるなど、細部までこだわりとリアリティを持たせたコラボレーションです。

フィギュアスケート日本代表と同じウエアを着用する「ユーリ!!!on ICE」の主人公
フィギュアスケート日本代表と同じウエアを着用する「ユーリ!!!on ICE」の主人公

MZ:企画は、いつ頃から計画されたのでしょうか。

井口:今シーズンの代表ウエアのデザイン画がおおよそ固まった2020年の夏頃に、社内で動き始めました。後押しとなったのは、ファンの皆さんの熱量ですね。前回のコラボで、ミズノ直営店でウエアの展示イベントを行ったのですが、多くのファンの皆さんが来場され、私自身もその熱量を肌で感じました。

 その後もSNSなどで「次はいつでしょうか?」と期待の声をいただいており、今も収まることのない熱量に、「やはり2021-2022年シーズンもファンの皆さんと一緒に熱くスケートを盛り上げて応援したい」と、企画を進めてきました。

ファンの反響の高さに社内も注目

MZ:継続的に、ファンから期待の声が届いていたんですね。しかし、メーカーとしてその声に応えることは、簡単ではないと思いますが……。

井口:やはりコラボは「ミズノだからこそできること」が、とても重要です。フィギュアスケートアニメのユーリ!!!とのコラボは、ミズノだからこそできるコラボであり、とても大切な取り組みの1つだと考えています。

 これまでも、「勝生選手がミズノの契約選手だったら……」と考え、ミズノの契約選手のお誕生日をSNSでお祝いするのと同じように、直営店で毎年お誕生日イベントを行っています。普段の20倍近くのお客様がご来店され、特に2021年のお誕生日イベントは前年の1.5倍のお客様がいらっしゃいました。

私たちも店舗のメンバーと一緒になって、勝生選手を象徴するブルーを基調としたアイテムをそろえるなど、「どんなことを企画したらファンの皆さんがときめいてくださるか」を考えながら設営しています。

 

MZ:今回のコラボに対し、ファンからの反響はいかがでしたか。

井口:「待ってました!」という、たくさんの声をいただきました。情報をお知らせしたツイートに対して、いいねやリツイートはもちろん、引用コメントやリプライも多数いただき 、本当に熱量の高さを実感しました。

 ミズノの公式SNSの反響をまとめた社内用のレポートには、コラボの話題が上位にランクインし、社内関係者から「ユーリ!!!すごいね」と声をかけられることが非常に多いです。

MZ:社内からの注目度も高いんですね。

井口:ユーリ!!!の企画は、私が所属する部署の他に、直営EC・店舗の販売部、商品企画部と複数の部署が連携して進めています。今回も、みんな当たり前のように「やりましょう」と企画がスタートするほどです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
商品をきっかけに生まれる「スポーツの輪」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
『ファン』のインサイトをいかに捉えるか~企業とIP、ファンの関係を考える~連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

マチコマキ(マチコマキ)

広告営業&WEBディレクター出身のビジネスライター。専門は、BtoBプロダクトの導入事例や、広告、デジタルマーケティング。オウンドメディア編集長業務、コンテンツマーケティング支援やUXライティングなど、文章にまつわる仕事に幅広く関わる。ポートフォリオはこちらをご参考ください。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/02/15 21:24 https://markezine.jp/article/detail/38219

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング