SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

博報堂プロダクツのプロフェッショナルたち(PR)

分析で終わらない“アウトプット”が武器。データマーケターが語る、博報堂プロダクツならではの提供価値

各々がスキルを発揮。組織の強みは「実行力」の高さ

MZ:データビジネスデザイン事業本部には、データ活用においてどのような実践知を持つ方々が集まっているのでしょうか?

池内:事業本部の中に、「データアナリスト」「データマーケター」「データエンジニア」という3つ職種があります。アナリストは、データを分析し、示唆を導き出すところに強みを持つ人間が多いです。その結果をもとに私たちデータマーケターが戦略を描き、どういう施策につなげていくかを構想する。どちらかというとアウトプット寄りの活動に強みを持っています。データエンジニアは、分析をはじめ、施策を走らせるためのインフラ基盤の構築、データ取得環境の整備などをメインとしています。それぞれが確かなスキルセットを持っており、連携してプロジェクトを推進していくので、実行力のある組織になっていると自負しています。

MZ:専門的なスキルが求められそうな環境ですが、新卒で入ってもキャッチアップできるものなのでしょうか。

松尾:トレーナー制度というものがあり、1年目はメンターである先輩の業務を手伝い、そばで知識と経験を増やしていくことができます。専門スキルが求められることは間違いないですが、仕事をする中で「なにもわからない……」と困るようなことはありませんでしたね。

データ×クリエイティビティの相乗効果で成果にコミットする

MZ:博報堂プロダクツでデータマーケターとして働く中で、どのような瞬間におもしろさを感じますか?

池内:博報堂グループには、クリエイティブのプロフェッショナルがたくさんいます。高いクリエイティビティによって、データだけでは到達できないところまでジャンプアップさせることができる。データ×クリエイティビティの相乗効果を生み出せるのは、博報堂プロダクツならではの強みですし、やはりマーケターとしてもやりがいを感じます。

松尾:そうですね。私が担当している消費財メーカー様のCRMプロジェクトでは、データ分析の結果をもとにDMを制作し、非常に高い成果につながった事例がありました。クライアント様が導入しているMAを我々が並走する形で運用しており、MAで収集したデータを分析し、ユーザーインサイトを見つける、あるいは仮説を導き出すところまでを我々データマーケターが担っています。具体的には、博報堂グループで有している調査データも活用しながら、どのターゲット層に、どんなタイミングで、どのようにアプローチをすると高い効果が得られるのか、テストを重ねながら分析していきました。

 その結果をもとに、カスタマーリレーション事業本部のインタラクションデザイン部がクリエイティブに落とし込みます。インタラクションデザイン部は、ダイレクトマーケティングに特化したクリエイティブのプロフェッショナル集団で、ターゲットに響くコピーやグラフィックを極めながらも、ブランドの価値や世界観を大事にしています。

 このプロジェクトは、データ分析×クリエイティビティという我々の強みが発揮された良い事例だと思います。データ分析に閉じず、幅広い領域に携わることができるのが、博報堂プロダクツだからこそできる仕事の魅力ですね。

次のページ
BtoBセールスの領域では、組織最適化の視点も必要

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
博報堂プロダクツのプロフェッショナルたち連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

落合 真彩(オチアイ マアヤ)

教育系企業を経て、2016年よりフリーランスのライターに。Webメディアから紙書籍まで媒体問わず、マーケティング、広報、テクノロジー、経営者インタビューなど、ビジネス領域を中心に幅広く執筆。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/03/24 11:00 https://markezine.jp/article/detail/38224

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング