SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

ライブ配信が マーケチャネルの新スタンダードに~Twitchを徹底解説~(PR)

広告が嫌われない場が本当にあった。次なる戦略を打ち出した「1本満足バー」のTwitchとゲームの活用

単発ではなく、中長期的にキャンペーンを設計

 Twitchでの「1本満足バー」のキャンペーンは、約1年にわたり、大きく3段階に分けて実施。キャンペーンの設計は、Twitchの担当者からアドバイスを受けながら、共に議論する形で進めていった。まずは、認知拡大を図りながらユーザーの反応を確認するため、トライアルとして動画広告を展開。ここでは、他のデジタルメディアで用いている広告素材を流用した。ゲームに特化したクリエイティブではなかったが、想定以上の反応があったという。

 次に、「ゲーム×1本満足バー」のブリッジを作ることを目的に、インフルエンサーとのタイアップ施策を企画。ゲーム実況者の「えどさん”」を起用したライブ配信を実施した。

 「えどさん”の明るくてユーモアのあるお人柄や、視聴者と一緒にゲームを心から楽しんでいる様子が、『1本満足バー』のブランドイメージと重なりました。ぜひえどさん”に『1本満足バー』を食べながらゲームを楽しむという体験をしていただき、リアルな声を視聴者のみなさんに届けてもらいたい。そう考え、依頼させていただきました」(笹田氏)

 さらにその後、バナー広告も展開。「ゲーム×1本満足バー」という新たな喫食シーンの創造に向け、Twitchの担当者と数字の振り返りを行いながらPDCAを回し、中長期的に価値提案を行っていく考えだ。

【当日のアーカイブ映像】視聴者と一緒に“タイアップ企画”を楽しむ

 この一連のキャンペーンで注目すべきは、やはり、えどさん”を起用したライブ配信施策だ。配信では、冒頭で「1本満足バー」をえどさん”が実食しながら紹介。その後のゲーム配信では、えどさん”がゲームで負けると「1本満足バー」の動画広告が流れるという設定のもと、視聴者と一緒に“タイアップ”を楽しむ形でライブ配信が行われた

 「えどさん”は、冒頭の商品紹介も15分ほどかけて丁寧に行って下さいました。実は、これもゲーム配信中の動画広告の仕掛けも、すべてえどさん”がご厚意でやってくださったことなんです。私たちは企画の段階から、なるべく広告色が濃くならないようにと意識していました。あくまで、えどさん”のゲーム配信がメインとしてあり、えどさん”と視聴者の皆さんにとってこのライブ配信が楽しい体験になることを一番に考えていました。えどさん”はこれをくみ取った上で、商品を気に入って紹介してくださったので嬉しかったですね」(笹田氏)

次のページ
動画広告の視聴完了率は87%超!広告が受け入れられるカルチャーを実感

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ライブ配信が マーケチャネルの新スタンダードに~Twitchを徹底解説~連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

落合 真彩(オチアイ マアヤ)

教育系企業を経て、2016年よりフリーランスのライターに。Webメディアから紙書籍まで媒体問わず、マーケティング、広報、テクノロジー、経営者インタビューなど、ビジネス領域を中心に幅広く執筆。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/06/23 17:36 https://markezine.jp/article/detail/38400

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング