SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「SHISEIDO」、AIメイクアップアドバイザーを導入 デジタルメイクアップ領域のサービスを開始

 資生堂グループのグローバルプレステージブランドであるブランドSHISEIDOは、AIビューティプラットフォームを提供するRevieveと共同でAIメイクアップアドバイザーをヨーロッパ地域の消費者に向けて開始ことを発表。両社はスキンケアのカテゴリーで連携をしていたが、今回メイクアップ領域でも協業を開始するに至った。

 Revieveが提供するAI画像解析、レコメンデーション、バーチャルトライオン、専任の技術サポートを活用することで、デジタルメイクアップ体験を実現する。

 AIメイクアップアドバイザーは、ユーザーが資生堂のWebサイトから直接メイクアップアドバイザーにアクセス。顔画像をアップロードし、美容に関する個々の質問に回答する。AIメイクアップアドバイザーは画像解析結果とユーザーの回答情報を分析し、その人にあったアイ、リップ、フェイスカラーを含むフルメイクアップリストを提供する。

 また、オンライン上で購入前に商品を試し、気に入った商品をショッピングカートに入れるなど、オンラインでの購買体験を支援する。加えて、ブランド企業はRevieveのプラットフォームから得られるゼロパーティデータ、ファーストパーティデータを活用することで消費者がそれぞれのタッチポイントでどのように行動しているかを把握することが可能だ。

【関連記事】
クリエイティブ部門を別会社化し「体験デザイン」の強化へ 資生堂が資生堂クリエイティブを設立
プロのメイクテクニックを自分の顔で体験できる、資生堂「ワタシプラスVIRTUAL HOW TO」開始
資生堂、 デジタルに特化したビューティーコンサルタントによる美容プログラムを開始
資生堂、5日先までの肌予報やLINEからの先回りアドバイスを受け取れる「dダイアリー」提供
資生堂、クリエイティブ部門を100%子会社化 「資生堂クリエイティブ」2022年1月設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/04/07 16:45 https://markezine.jp/article/detail/38746

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング