SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通グループ、ディグ・イントゥ社を完全子会社化 国内事業のデジタルマーケティング業務拡大へ

 電通グループは、デジタルマーケティングの運用会社である「ディグ・イントゥ」の株式を5月13日付けで追加取得し、同社を完全子会社化した。併せて、ディグ・イントゥ社の社名を6月1日より「電通デジタルアンカー」へ改称する。

 これまで同社が保有していた同社株式15%に加え、追加で株式85%を取得したことにより、100%の保有となる。これにより、ディグ・イントゥ社は電通グループの国内事業を担う電通ジャパンネットワーク(DJN)に参画。DJNのデジタルマーケティングの中核となる電通デジタルとの連携を深化することで、顧客企業の継続した事業成長に貢献する体制をさらに強化していく。

 なお、本件が電通グループの2022年12月期の連結業績に与える影響は軽微。

【ディグ・イントゥ社概要
・社名:(現社名)株式会社ディグ・イントゥ(英語表記:Dig into Inc.)
(新社名)株式会社電通デジタルアンカー(英語表記:Dentsu Digital Anchor Inc.)
・本社所在地:北海道札幌市中央区南1西2-5 南一条Kビル7F
・設立:2018年1月
・株主構成:株式取得後、電通グループ 100%
・代表者:代表取締役社長 宮田 彩也
・従業員数:185名(2022年5月時点)
・事業内容:デジタルマーケティング領域における運用およびオペレーション業務

【関連記事】
電通グループとソニーとシビラ、活動実績をNFTでデジタル化し、クレデンシャル管理する実証実験を実施
動画広告、初めて5,000億円を突破/電通グループ4社が「2021年日本の広告費」の詳細分析を発表
電通グループ3社、企業のYouTubeチャンネルを活性化する「Tube Riding」提供
デジタルマーケティング業務に携わる役職者の約6割が「人材不足」に悩む【Repro調査】
凸版印刷、ONE COMPATH、unerry、リテール企業向けデジタルマーケティングで協業

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/06/01 14:00 https://markezine.jp/article/detail/39120

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング