SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

BOOKS(PR)

役立つ情報を見つけ出すデータリテラシーを学べる、『データサイエンティストの仮説思考』発売

 MarkeZineを運営する翔泳社より、7月15日(金)に新刊『紙と鉛筆で身につける データサイエンティストの仮説思考』が発売しました。

 仕事でもっとデータを活用したいと考えているマーケターにとって、データを読み解く力は非常に重要なスキルです。ですが、その勘所や法則の掴み方は簡単ではなく、なんとなくExcelやTableauなどのツールに蓄積したデータを眺めているだけになってしまうことも。

 そんな状況から脱し、日々データと向き合っているデータサイエンティストの思考法に触れ、目の前のデータから実際に役立つ情報を見つけ出すデータリテラシーを学べるのが本書です。

 様々なデータを収集・分析して活用するのはまさにマーケティングの醍醐味。プロジェクトや施策の成功確率をより高めるのに不可欠で、これからさらに必要となるスキルを身につけませんか?

目次

第1章 デジタル時代に必要なデータリテラシー
第2章 データを読む力を身につける
第3章 データを説明する力を身につける
第4章 データを分類する力を身につける
第5章 データから法則を見つける力を身につける
第6章 データから予測する力を身につける
第7章 仕事でデータリテラシーを活用する

紙と鉛筆で身につける データサイエンティストの仮説思考

Amazon SEshop その他

紙と鉛筆で身につける データサイエンティストの仮説思考

著者:孝忠大輔、川地章夫、河野俊輔、鈴木海理、長城沙樹、中野淳一
編集:孝忠 大輔
発売日:2022年7月15日(金)
定価:1,760円(本体1,600円+税10%)

本書について

紙とえんぴつで学ぶというコンセプトのもと、PythonやRなどのプログラミング言語を使わずにデータサイエンティストの思考過程を体験できます。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
BOOKS連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

 翔泳社マーケティング課。MarkeZine、CodeZine、EnterpriseZine、Biz/Zine、ほかにて翔泳社の本の紹介記事や著者インタビュー、たまにそれ以外も執筆しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/08/03 11:31 https://markezine.jp/article/detail/39238

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング