SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アリババの天猫618ショッピングフェスティバルから見る、中国の新たな6つの消費トレンド

 アリババは、出店ブランドやマーチャントと協力し新たな消費トレンドを捉えることで、「天猫618ショッピングフェスティバル(以下、618)」のGMV(流通取引総額)を前年比で拡大させた。本記事では、同社が公開した「618で見られた中国での6つの消費トレンド」を紹介する。

若い消費者の間でキャンプと釣りが人気

 中国の若い消費者の間で、釣りが新たな趣味として人気を集めている。2022年6月までの12カ月間で、1995年以降に生まれた300万人の消費者がタオバオとTmallで釣り具を購入した。今年の618第1弾(5月31日20時~6月3日23時59分)で、釣り具の売上は前年同期比で50%近く増加した。

 高級ルアー釣り具は88VIP会員に好まれる商品で、リールも多数の売り上げがあった。日本の高級釣り具ブランドDAIWAの新製品2022 EXIST LTリールは5,000元(約10万円)以上するが、発売と同時に売り切れとなった。

 一方、釣りと一緒に楽しめるキャンプも若い消費者に人気となっている。618第1弾で、Tmallではキャンプ関連商品の売上が前年同期比3倍になった。多くの消費者はテント、折りたたみテーブル・椅子といったキャンプ用品一式を購入。また、防風コンロなどのアウトドア用キッチン器具や様々なアウトドア用家電も人気だった。

スケートボードが成長性の高いアウトドアスポーツへと成長

 618第1弾の期間中、Tmallのスケートボード関連の売上は前年同期比290%増となった。輸入スケートボードの需要も増加。年初から6月中旬までの、越境ECプラットフォーム「Tmall Global」における輸入スケートボードの販売台数は前年同期比で100%以上の伸びを記録している。

スケートパークの傾斜を滑る中国のスケートボード・インフルエンサー Elon Shi氏(写真提供:Elon Shi)
スケートパークの傾斜を滑る中国のスケートボード・インフルエンサー Elon Shi氏(写真提供:Elon Shi)

男性用パーソナルケア商品の人気上昇

 618第1弾期間中の男性の身だしなみケアとシェービング関連用品の売上は、前年同期比20倍以上となった。また、男性用のスタイリング剤、プライマー、ファンデーションも多くの消費者の支持を受けた。同期間中、男性用UVカットウェアの売上も大幅に増加し、取引件数は前年同期比50%増となり、アウトドア衣料品の中で最も人気のある商品となった。

ペット用スマートデバイスとペット用衣類の需要拡大

 618第1弾期間中、ペット用スマートデバイスの売上が前年同期比150%近く増加した。特に、スマートコンパニオンロボット、自動給餌器、猫用スマートトイレなどが人気だった。また、同期間中のペット用スマート・トイの売上は前年同期比約130倍、屋外用ペットトイの売上も前年同期の売上比40%増となった。

 また、ペット用衣類も人気。同期間中、流行のペット用ベビーカーの売上は前年同期比80%増、猫や犬の夏服の検索ボリュームは前年同期比40%近く増、ペット用ヘルメットの検索ボリュームは前年同期比3倍以上となっている。

カテゴリーを横断したマルチな用途の商品が人気

 消費者需要の多様化により、カテゴリー横断的でマルチな用途の商品が多く誕生し、売り上げを伸ばしている。新商品開発をサポートするTmallイノベーションセンター(TMIC)は様々なマーチャントと協力し、618期間中に新商品を市場投入している。

 一例として、リラクゼーショングッズを販売するグローバルメーカーBreoは、アイケア商品への需要の高まりにも対応すべく、目のケアに加え、目の周りの皮膚のスキンケアもできる商品をTMICと共同開発・発売した。

BreoとTMICの協力の一例:目のケアに加えて目の周りのスキンケアもできる新商品を共同開発
BreoとTMICの協力の一例:目のケアに加えて目の周りのスキンケアもできる新商品を共同開発

高級ブランドの新商品の販売が好調

 今年の618にはLVMH、シャネル、エルメスなど200以上の高級ブランドが参加し、合計2万点以上の新商品を発売した。特に、春夏シーズンの新商品に対する需要の高まりが顕著だった。先行予約販売初日(5月26日)には300点以上の新商品が販売された。今年はイタリアのファッションブランド、マックスマーラが618に初参加。2分間で100万元(約2,000万円※)を超える売上を記録したほか、プラダの最初の1時間の売上は、前年同期比で100%以上の増加を見せた。

※ 6月20日の為替レートにより、1元=20円で計算

【関連記事】
ウォルマート、世界の小売業1位を譲らず/JD.comが中国企業初の10位内【デロイト トーマツ調査】
バイドゥ、新広告メニュー「百度LOFT」の提供へ 中国ニーズに合わせたページや動画の制作・掲載を支援
CCI、ラオックスと業務提携を開始 中国越境EC領域の出品・集客パッケージを提供
アイスタイル、中国の短尺動画プラットフォーム「抖音」に「@cosme海外旗艦店」をオープン
2020年の世界アプリパブリッシャーランキング 中国企業が躍進、日本首位は?/App Annie調査
アリババの「618商戦」、越境EC部門では花王キュレル、小林製薬、任天堂が売上増加率上位に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/06/27 18:00 https://markezine.jp/article/detail/39317

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング